2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
未来の自分のために。
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
溝口くん、お誕生日おめでとう。
溝口琢矢くん、22歳のお誕生日、おめでとうございます。
お誕生日をお祝いするのはこれでもう4度目になりますが、こうやって当日にブログを書くというのは初めてです、たぶん。
今日に向けて、1か月かけて(笑)いろいろ考えてきたんですけど、いざ書こう!とすると、なかなかまとまらず…。
いったい何から書きましょうか…という感じなのですが。

わたしがはじめて溝口くんを見たときは、溝口くんはまだ高校生で18歳だったので、もう22歳か~~~と驚いています。
ちょっと前までは、表現が悪いですけど、わたしの中ではそれこそ「子ども」扱いもいいとこだったんですけど(ごめんなさい)、この1年でメキメキと成長していく姿を見せつけられて、今はもうすっかり「大人」になったなあ…と思っています。
先日、情報が解禁されたネットフリックスのドラマ「僕だけがいない街」では左手に結婚指輪?をしてる役みたいですもんね。もうそんな役をいただけるような年齢なんですよね、溝口くんも。

20歳の1年は、昼ドラや仮面ライダーへの出演があったり、ドリフェス!が始まったり、いろいろ忙しい1年でしたが。
21歳の1年も、20歳に引き続き、テレビ・イベント・舞台・ライブetc.といろんな場所で活躍する溝口くんの姿を見ることができたとっても充実した1年でした。
ドリフェス!の活動が中心ではあったけど、思い返してみると、ほぼ毎月のように生で溝口くんの活躍を見ることができたのもとても嬉しかったなあ…と思います。
正直、こんなに頻繁に…と言ったら語弊があるかもしれないけど、こんな頻度で溝口くんの活躍する姿を見守れる日が、こんなに早く訪れるなんて、少なくとも2年前のわたしは1ミリも考えていませんでした。
なんというか、もうしばらくは、ゆっくり応援していくんだろうな…と思っていたというか。「ゆっくり」な応援ってなんだよって感じですが(苦笑)

もうすぐでわたしが溝口くんを好きになって4年が経ちますが、去年は、この4年間の中で溝口くんの「変化」を一番感じた1年だったなあと思います。
もちろん、今まで全く「変化」を感じなかったわけではないんですけどね。
ドリフェス!の活動が本格的になって溝口くんの姿を拝見する機会が増えたからか、Twitterに慣れて溝口くんから発信される情報が多くなったからか、いろいろ要因はあると思うんですけど、今まで見たことなかった溝口くんがたくさん観れたなあと思った1年でした。
今まで溝口くんはこういう人かなって勝手に思っていたのと一致しているところもあったけど、覆された部分もあるというか…溝口くんの新しい一面をたくさん知ることができて本当に嬉しかったです。
DearDreamとしての溝口くんを見るまでは、そもそも今まではあまり同年代だけに囲まれているっていう状況を見る機会がなかったので(FROGSは同年代に囲まれていたけど、そのころは知ったばかりでよくわからなかった…)、先輩方に囲まれている状況だとどこか遠慮がちに見えた溝口くんが、DearDreamというグループの中にいるとすごく頼もしく見えて。
DearDreamのリーダーは富田くんだし、センターは壮馬くんだけど、周りをちゃんと見て然るべき人を立てつつグループをしっかりと下から支える「縁の下の力持ち」な溝口くん。
4年近く一生懸命見てきたはずなのに、本当に全然知らないことばかりだったなあ…って思わされました。

前にも書いたことがありますが、わたしは正直、ドリフェス!が動き出してからしばらくはDearDreamとして活動をする溝口くんが素直に受け入れられなかったし、
これはわたしの勝手な想像でしかないし、本心はどうだったかは全くわからないけど、ドリフェス!の活動をしている溝口くんがどこか一線引いてる、みたいに見えるときがあって、溝口くんはこの仕事本当にやりたかったんだろうか?って考えたこともありました。
でも、今は溝口くんが本当に心から楽しんで活動しているんだろうなって思えるようになったし、ドリフェス!の、DearDreamとしての活動が本当に溝口くんにプラスに働いているなって思えるようになりました。
ドリフェス!のプロジェクトに参加する前とあとでは明らかに変わったことがたくさんあって。
繰り返しになっちゃうけど、真面目なところはそのままで、みんなの「まとめ役」になってしっかりしてる頼もしい姿がたくさん見られるようになったし(環境がそうさせたのか、環境が元々もっている素質を引き出したのかよくわからないけど)、
ダンスも歌も本当に上手になったし、表情もとっても豊かになったし、お話もただおしゃべりなだけだなって思ってた(笑)ハンサム放送局のときよりも格段に上手になりました。
前はそれこそ溝口くんがかっこいい表情を見せてくれようとすればするほど、なんだかかわいく見えて笑っちゃってたくらいだったんですけど(ごめんなさい)、今は本当にすべての表情がキマっていて思わずため息をついてしまうほどです。
自分を魅せるのが本当に上手になったんですよね。ハンサム2014で勝手に心配になっていた溝口くんはもうどこにもいません。
この1年ちょっとで、いろんなことをひっくるめた表現の幅がすごく広がって、引き出しがたくさん増えて、溝口くんはいろんなことに対して自信をもてるようになったんじゃないかなあ…って思います。
文章にしようとすると、わたしの語彙力では何もかもがすごいふんわりした表現になってしまうのがすごくもどかしいんだけど(苦笑)

あと、ドリフェス!の活動を通じて、前よりも溝口くんの「積極性」がよく見えるようになったこともいいことだなって思うし、
一匹狼とは言わないけど誰かとつるむの苦手なのでは…と(勝手に)思うこともたまにあった溝口くんが、メンバーといるときは本当に心を許したような笑顔を見せていて。
DearDreamというグループが溝口くんにとっての「帰る場所」、ホームのような存在になったんだなあというのもすごく嬉しいことだなって思っています。

DearDreamとしての活動が盛んになるにつれ、いろんな場面でDearDreamのメンバーの一員として、思っていることや考えていること、努力、夢etc.が見えるようになりました。
イベントでお話してくれることも多いし、雑誌にもたくさん載せていただいて、インタビューでいろんなことを知ることができるようになりました。
一方で、溝口くん個人として、どうなりたい、とか、どう思っている、とか、夢や目指すところは未だにわかるようでわからないというか。
今でも溝口くんが将来どうなりたいのかはよくわからないままだな、ってふと思って。
今は、DearDreamとしての活動もとても大切で、グループで目指すところも夢も全部溝口くんの目指すところであり、夢なのかもしれないけれど。
DearDreamとしても活躍してほしいし、大きなステージを目指し続けてほしいし、最終的に「東京ドームのステージに立つ」という大きな夢を絶対に叶えてほしいけれど。
それと並行して、いち個人としても、何かをやりたい!と思ったときに、その夢がちゃんと叶えられるようになってくれたらいいなあと思います。
一応言っておくと、ドリフェス!の活動をさっさとやめてほしいとか思ってるわけではないですからね!!!そんなこと全然ないですからね!!!そこはどうか誤解しないでほしいんですけど…。
ドリフェス!を通じて溝口くんが得たいろんなことは絶対に溝口くん個人のお仕事にもたくさん生かされていくことだろうし、無駄なことなんてひとつもないだろうから。
今、たくさん吸収していることを吐き出せるチャンスを溝口くんが自らの手でつかみ取ってくれることを、わたしは祈るばかりです。

改めて。溝口くん、お誕生日おめでとうございます。
この1年は新しい溝口くんを発見する度に、約4年前に溝口くんに出会って今まで応援してきてよかったなあ…これからも応援していきたいなあ…って思い続けた1年でした。
観る度に「好き」が増幅されていく感じで、いつも胸が苦しくなっていたくらいで(笑)、溝口くんはわたしの本当に本当に大好きな俳優さんであり、大好きな人です。
これからの1年、もっとたくさんの人に溝口くんの魅力が伝わって、もっとたくさんの人に愛されて、今までよりももっと輝ける年になるといいなと心の底から思っています!
今年もいろんなところで溝口くんの活躍する姿がたっくさん観れますように!さらなる活躍を期待しています!^^


2017年5月9日


※追記は、個人的なお話です。読みたい方がもしいらっしゃればどうぞ。

続きを読む

5/6のたまアリ300レベルで考えていたこと。
溝口くんの誕生日まであと4日くらいになりました。
うまく書けていないときもありますが…というか、書きたいことをちゃんと書けた!と思えた日の方が少ないですし、
ときどき日付詐欺をしたこともあるので、毎日書きました!と言っていいのかわかりませんが…
なんだかんだで毎日更新していましたね。
おかげさまでこの1か月溝口くんのことを考えなかった日はなくて(というとなんか気持ち悪いけどw)、毎日楽しかったです^^
でもその反動?で一体誕生日の日に何を書くんだ?書くこと残ってるかな?みたいにはなっていますが(笑)

本当は2017年のことも振り返ろうと思ったのですが、なんか一昨日のライブ観たら、ドリフェス!活動はとくに振り返ってる場合じゃないなあ…という感じがしたので、レポ(?)の在り処だけお知らせして終わります。
ファンミ02も全国行脚も1回目を知っている身として、いろいろ思うこともあるのですが、いい加減古参ぶった発言も控えようかな…と(苦笑)
これからもっとディアドリがたくさんの人に愛される存在になったらいいなあと心の底から思うばかりです。

◆ファンミーティング02
1/7
1/8昼
1/8夜

◆DearDreamがゆく全国行脚の旅
3/4名古屋1回目
3/4名古屋2回目
※大阪もいつか書きます…!

なので、何書こうかなあ…って感じなのですが、とくにこれと言って何かいいお題が思いついているわけでもなくて。
ということで、とりあえず今日のできごとの話をします(爆)
溝口くん全然関係ないですが(強いて言うなら、溝口くんが好きな高橋優くんもいたよってくらい笑)、今日はポルノさんが出演するスガフェスを観に行ってました。
正直、5/4に心を置いてきたような状態で、全然気持ちが切り替わらないまま今朝を迎えていて、全然頭が回らないままさいたまスーパーアリーナに向かっていたんですが。
ポルノさんはさすがわたしの精神安定剤でした。気持ちが切り替わるとか切り替わらないとか問答無用というか。
自分を極限まで追い込んだらちょっと落ち着いたものの、やっぱり気持ちがまだぐちゃぐちゃのままだなあ…という感じだったんですが。
ポルノとスガさんのライブを観たあと、すごいすっきりした気持ちになって。今は突然泣き出すことはないだろうな!というところまできました。
なんだこの話…って感じですが、ただ、ポルノさんを観たら精神状態が通常モードになった、という話でした(笑)

にしても、さいたまスーパーアリーナって広いですね。当たり前ですけど。
VIPラウンジでガラス越しに会場を観ていたとき、なんだかよくわからないんですけど、DearDreamがここでライブすることってあるのかな…ってちょっと想像してわくわくしてしまいました(笑)
そして、そういう想像というか妄想というか…応援している人たちがこの会場でライブしたら…!っていうことが考えられる、っていうのってすごくいいなあって思いました。
なんというか、ハコがどんどん大きくなることを想像して、一緒に夢が見れるっていう感じが。
わたしが観てきたアイドルといえば、J事務所のへいせいじゃんぷさんですが、へいせいじゃんぷさんはデビューコンサートが東京ドームだったんです。
もちろん、へいせいじゃんぷ単独では全然埋まらないからバックのJr.には人気どころつけてるし、何ならアリーナには席はありませんでしたが。
じゃんぷは今年10周年なんですけど、この10年でドームクラスのコンサートは何回かやらせてもらっていて、全部が満員とまではいかないけど「ドーム」っていうところではもう何回かやってるんですね。
だからドームでやることそのものには夢がない…って言ったら変なんですけど、「ドームでコンサートをする」っていうこと自体はデビューのときに達成されてしまっていて、「ドームでコンサートをしたい/してほしい」という夢は成り立たないんですよね。
そのときは満員じゃなかったから、今度は満員のドームでコンサートする景色が観たい、とかはあるとは思うのですが。
(ちなみに、そのあとのアリーナツアーは無料チケットが配られたほど埋まらなかったのはなかなか悲しいお話です…苦笑 J事務所は時折話題性を重視してしまう傾向にあり…苦笑)
へいせいじゃんぷさんがいきなりドームでコンサートをしてしまったグループだったってこともあり、わたしは今まで誰かを応援していて、「この会場に立つ姿を観たい!」と夢を描いたことがなくて。
小さなハコからこつこつと頑張って、大きなステージに立つ姿を見届けるってなんだか素敵だなあ…と、今日、さいたまスーパーアリーナのライブ会場を見て、ぼんやり思いました。
DearDreamのライブは一昨日のZeppDCでスタートを切りましたが、きっと次は同じキャパでも会場も増えるだろうし、これから先キャパも大きくなるだろうし…って想像するのも楽しいし、
日本武道館、東京ドームだけじゃなくて、全国のライブハウスから始まってホール会場とかアリーナ会場とか…いろんなところでライブをしてくれないかな!って夢を見れるのが楽しいなって思って。
今、眠気でいまいち頭が回ってなくて、文章の構築能力がいつもより下がってるんですけど、言いたいこと伝わってますかね…これ。
じゃんぷとDearDreamが果たして同じ「アイドル」というくくりでくくられていいものなのか、という問題はありますけど、同じくくりでくくったとしても、なんかこれから見せてもらえる景色がぜんっぜん違いそうだな!と今からワクワクです!というようなことを言いたかったんですけど(笑)
結論があるのかないのかよくわからない話ですが、とりあえずこれで終わります(強制終了)。

明日はゴールデンウィーク最終日。わたしはさくら学院の2017年度一発目のライブに行ってきます!(何の報告)
DearDream 1st LIVE「Real Dream」やってきました。
おはようございます!!
ついにやってきてしまいました…この日が…この日がついに…まだまだ先だと思ってたのですが。
そうです!本日は、DearDreamの1stワンマンライブ、「Real Dream」の開催日です!!!
本当に本当に本当におめでとうございます!!!!!
ちょっと前までは天気予報にちらっと雨マークもありましたが、めでたく晴れておりますし(ちょっと雲はあるけど)!!!
絶好の1stライブ日和、ですね!!!
あ、ちなみに、DearDreamへのお手紙は無事に書き終わりました!腕が瀕死状態で字が汚くなってしまいましたが(苦笑)

DearDreamのファンのひとりとして、AGF2015の初めてのイベントから今までのイベントは全部参加させてもらっていて(行脚は一部の会場だけですけど)、まだ1年半くらいではあるけど、DearDreamには本当に今までいろんな景色を見せてもらいました。
今日のライブもその景色の1つになるんだろうなあと思うと、本当にワクワクが止まりません!
DearDreamが新しいステージに踏み出すその瞬間を目撃できる、ということがすごくうれしいです。
前にも書いたことある気がしますが、わたしは好きなアーティストが何組かいるんですけど、ジャニーズでいう「デビュー組」しか応援してこなかったので、
CDデビューをアーティストとしての「デビュー」と言うのであれば、ですけど、デビュー前から知っていて、デビューした瞬間から応援しているアーティストはDearDreamだけです。
なので、わたしも誰かの「1stライブ」に参加するっていうのは人生で初めてで、そのこと自体にもすごくドキドキしております。
溝口くんに関しては、ドリフェス!始まる前からフルスロットルで応援してた(つもりだ)けど、ドリフェス!本格始動してからは本当に休みなくフルスロットルで応援してきた(つもり)です。
だから、なんでしょうね…勝手ながら、今日のライブへの思い入れが半端なくなってしまっており…整列してるときから泣いてたらどうしようと思っています(真顔)
………それはさすがに冗談(になる予定←)ですけど(笑)
今日のライブは、本当は最初から最後まで笑顔で見守ってあげたいし、笑顔で楽しみたいんですけどね…自分の感情が差し挟まれるといろんなことが冷静に見えなくなっちゃうし…。
でも、どう頑張ってもライブを観ながら、勝手に今までDearDreamに見せてもらった景色が頭によぎって、いろんな想いを重ねて途中で泣いてしまうんじゃないかなって思って、正直不安です。
が、できるだけ笑顔で応援(エール)を送り続けられるようにがんばりたいです!!!
おとといからMV集やラジオ、ドリフェス!研究室を復習して、合いの手も振りもバッチリ覚えたはず!なので、全力でライブを盛り上げたいな!と思っています^^
ライブの空気はステージ上の人たちだけじゃなくて、観客も一緒になってつくるものですからね!!しっかりしなきゃ!!

いや~~~改めて思うんですけど、今日の会場、ZeppDCなんですよね。
だって、ZeppDCですよ、1階オルスタの。1年前はこんな大きな会場をこんなに早く埋められるグループになるとは思ってませんでした。100人の会場も半分以下しか埋められてなかったですからね…すごいなあ。
正直、発表されたときは埋まらなかったらどうしよう、まだZeppは早いんじゃないか、ってナメてたくらいだったんですけど(苦笑)、本当に杞憂、でしたね。
ここまで育ててくれた見守ってくれたスタッフの方々にも本当に感謝しています。
これからは、ずっと皆勤賞でいるっていうのは難しいのかなと感じ始めておりますが、ずっと応援(エール)を送り続けたいですね。

今日のライブが今までで一番サイコー!超えたステージになることを信じて!
DearDream,Keep on!
伝えたいことはすべて手紙で伝えてきた人生でした。
こんにちは。
ふり返りのターンを続行するのであれば、ファンミ02の話なのですが。
明日のDearDream初めてのワンマンライブに向けて、かなり浮足立ってる感じなので、ふり返りのターンはお休みしようと思います。
最近泣いてばかりいるので(情緒不安定w)、よくないなと思って…(苦笑)

で、じゃあ今日は何を書こうかなあと思って考えていたら、この、溝口くん強化月間を始めよう!と思ったときに自分の中で考えていたお題のひとつに、「手紙」の話があったなあと思い出したので、その話をちょっとだけしようかなあと思います。
とくに結論を考えた上で文章を構築しようとか思ってないので、絶対めちゃくちゃな論理になりますけど、気にしないでください!何卒!笑
そして、「ちょっとだけ」というのは、今回のライブではディアドリみんなに手紙を書きたい!と思っていたのに、5/3 18:50現在、書き終わったのが溝口くんだけという状況でして(苦笑)
「何事も計画的に!」という言葉が身に染みますね…(苦笑)
ということで、19:30くらいまでに書けた分だけ今日記事にして、中途半端になっちゃったら、また書き足そうかなと思っています(爆)

手紙の話をするにあたって、とりあえず今までわたしが溝口くんに書いた手紙の数を数えてみようかなあと思って。
ざっと数えてみたんですが、覚えている範囲では68通でした。
ふーん、だから…?って感じですよね(笑)わたしももうすぐ応援し始めて丸4年くらいという期間で、これが多いのか少ないのかはちょっとよくわかりません(苦笑)
ほぼ舞台やイベントを観に行く度に書いているので、単純に溝口くん目当てで行った舞台やイベントetc.がおおよそこのくらいあって、それに加えて毎年の誕生日と年賀状(笑)があるくらい、というだけの話です。

ふり返りのターンでも書きましたが、わたしが溝口くんに初めて手紙を書いたのは、2013年のハンサムライブです。
それからは舞台やイベントに行く度に、1日2公演あったら公演間に喫茶店に引きこもってでまで(苦笑)、ほぼ欠かさず手紙を書いている気がします。
自分でもなんでこんなに手紙を書いているのだろう…と思うことはたまにあるんですけどw
前も書いたことある気がしますが、溝口くんに関してはこわいくらい書くことがなくならないんですよね!不思議と。
さくら学院の推しに対しても同じペース(?)で手紙を書きますが、現場の間が空いちゃうと書きたいことを忘れちゃってて、たまーに「今日はちょっと無理やり書いちゃったな…」みたいなことがあるんですけど(苦笑)
溝口くんに関しては一度もないですね。なんでなんだろう(知らん)

最近、ある方から「どうやったらファンレター書けるんですか?」と聞かれたのですが、そのときはうまく答えられなくて。
今も考えてはいるんですが、「どうやったら」というのはやっぱり難しいですね。
巷には、「若手俳優への手紙の書き方」みたいなことを書かれているブログもあるようで、友人に教えてもらってちょっと読んだこともありますが、わたしはそこまで戦略的(?)に手紙を書こうと思ったことがないなという感想でした。
(詳細な内容は忘れてしまったけど、そのブログは手紙で認知されるためには…みたいな感じの内容だったんですよね。手紙で認知という概念がなかったから、なるほどなあとは思ったけど、とくに取り入れてはいませんw)
そう、結局、わたしの場合の「手紙」というのは、ただただ書きたいことを書いているだけで。
この気持ちを!なんとかして伝えたい!みたいなことを考えたとき、わたしにとって最善(?)の手段は「手紙」だな!と思ったから、っていうだけなんですよね。
手紙を受け取る側にとっては、わたしが思ったこと感じたことetc.はどうでもいいと思うかもしれないなと思いつつ、この気持ちを伝えたい!と思ったとき、たとえばブログにいろいろ書いていたって、タレントがそれを読んでくれる可能性は限りなく低い(まず普通に読まれたくないけれど…)。
だから、わたしは伝える手段として手紙を書こう!と思って、ここまで伝えたいことが途切れないので、書き続けている、ただそれだけだなあと思っています。
さっきから「伝えたい」ってうるさいですけど、そう言いつつも、本当に伝わっているかっていうところはとくに最初はあまり気にしてなかったような気がします。
(誕生日プレゼントを受け取った報告もしなかった年はちょっとイラっと(笑)したこともあったけど、まあそれは事務所にちゃんと届いたかも不安だったということもありw)
それに、つい最近まで自分の手紙を「読んでくれている」という実感も持ったことがなかったですね。それを表明される機会もあまりなかったですしね…。
あれっ、こういう言い方すると溝口くんが悪いみたいな感じになっちゃいます…?苦笑
いや、でもそれでも別にいいと思ってたんですよ!………フォローがわざとらしいだろうか(爆)
ちなみに、完全に余談ですが。手紙が「届く」ということを最初にちゃんと実感を持って教えてくれたのは、ポルノグラフィティの新藤晴一さんでした(また登場!)。
FC会報の晴一さんに何気ない手紙を書くとお返事が返ってくるかもしれない?という企画で、たまたまわたしの手紙が採用に至り、晴一さんの直筆のお返事をいただきました。
溝口くんに対する「伝えたい!」とはちょっと違うかもしれないけど、この気持ちを誰かに伝えたい、と思ったときに、晴ちゃんのこの企画が頭を過ぎって書いていたので、届いたのは嬉しかったです。
話が逸れてしまいましたが、今は本人が「届きました!」ってちゃんと言うようになったので、こちらの言葉を一度はちゃんと受け取ってくれてるんだなあってわかるようになりました。
だからこそ、勝手にプレッシャーを感じてしまって、念入りな下書きをしてから書くようになったので、めちゃくちゃ時間かかるようになりましたが、まあそれはいいですね、こっち側の問題です(笑)

やっぱりとくに結論とか出ないままタイムリミットが過ぎようとしているのですが(苦笑)
なんでしょうね、わたしは「手紙」というか「文にすること」でしか、自分の気持ちとか考えていることを表現できないんですよね。
それじゃあダメだってことは、仕事上でもいつも注意されますし(上司からメールのプロって言われてます(苦笑))、最近は溝口くんのファンをやってても思うのですが(接触イベントに滅法弱い…)。
だから、手紙だったら自分の気持ちをなんとか伝えられる!と思って、ずっとこの方法から逃れられない…というとなんか変ですけど、手紙をずっと書いてるんだろうなあと思います。
同じ「文」でも、ブログのコメントとかTwitterのリプライとかはちょっと苦手で(苦笑)
手紙をすぐには手元に届けてもらえない期間や即レスを求められるときには頑張ってみるときもあるんですが、なんかうまくいかないんですよね。
打っては消し、打っては消し、打っては消し…を繰り返して、ようやくっていうことがザラです(苦笑)即レスになってないwww
溝口くんが前に「お気軽にリプライください」みたいなことを言ってたことがあるんですが、わたしはその「お気軽」ができないんだろうなと思います。
別に気持ちが重いとか軽いとかの話をしたいわけじゃないんですけど、わたしは溝口くんに「お気軽」に伝えたい気持ちってそんなにないというか…なんだろう?伝えるなら「ちゃんと」伝えたいというか…。
そもそも「お気軽」に何かを発信していい相手と思ってないし…みたいな。…うわ~~~こうやって文字すると、ただただめんどくさいヤツですねwわたしw厄介w
そんな感じなので、コメントもリプも苦手で、個人の自由だとは思いつつも友達感覚でリプしてる人を見ると目を疑う…みたいな(批判したいわけではなく…です!はい!)。
何が言いたいのかよくわかんなくなってきちゃったんですけど、とにかくわたしには「手紙」しかなかったし、今もそれしかない、というだけです!笑

なんかややふんわりした感じになってしまいましたが、ひとまずこれで終わります。
帰宅してから3時間半くらいかけて溝口くんへの手紙を書いていたので、右腕が死亡状態で(腱鞘炎になるかと思いましたw)明日ペンライトを吹っ飛ばさないかとても心配なのですが、なんとかがんばりたいと思います!!
(ちなみに、過去最大枚数になりました!笑 ざっと数えたら3000字を軽く超える勢いで、溝口くんほんとごめん!ってなりましたw)
そして、今から他のメンバーへの手紙をどうにかして書かなければ…書けるのであろうか…無理そうだったらおとなしくライブの感想とともに事務所に郵送しようと思います…。
いや~~~それにしても、明日が楽しみすぎます!!!楽しみです!という気持ちは明日のライブが始まる前までにはブログに書けたらいいなあと思っています(目標が低いw)。
では、明日ディアドリのライブに行かれる方は一緒に楽しみましょう~~~!!!
プロフィール

manacoo

Author:manacoo
ポルノグラフィティと溝口琢矢くんを応援している社会人。
東京都在住。
Hey!Say!JUMPも大好きで、そちらは「JULI」というブログで書いています。
このブログは主に日々のつぶやきとポルノさん・溝口くんレポがメインです。

カウンター
携帯版
QR
検索フォーム
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ