2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
Original Entertainment Paradise -おれパラ- 10th Anniversary ~ORE!!SUMMER~@富士急ハイランドコニファーフォレスト 7月15日。
ゲストとして出演していたDearDreamを観るため、初めておれパラの夏ver.であるおれサマーに参加させていただきました。
わたしは全然これまでのおれパラのことは知らないのですが、ホストの方々のMCやステージを観ていたら、これまで歩んできた道を感じて、自然と涙がこぼれてしまいました。
そして、おれパラ10周年を記念した、ここまでの10年分のたくさんの想いが詰まった大切なステージに、DearDreamを立たせていただけて本当に光栄だなと思いました(誰目線)。
DearDreamに対するホストの方々、他のゲストの方々の優しさや愛もたくさん感じて、本当にありがたかったです。

あまり多くは語れないので、感想はDearDreamだけ…。
なんかうまくまとまらなくて、まともな感想がかけなかった。とにかく楽しい一日でした。

席がカメラの真後ろで、文字は読めなかったけど、カメラに貼ってある進行表を見て、ディアドリの出番が2曲で終わりっぽいことを把握。
席はCブロックで、行くまではけっこう後ろなのかなと思ったけど、行ってみたらけっこう近かった。
さらに真ん中だったのと、カメラのブースも取ってたから前の空間が空いていたので、すごい見やすかった!
あと、なんだろうな、野外だからディアドリもだけど、自分もめっちゃ開放感!!!って感じで、すっごい楽しかったです(小学生)。

1.PLEASURE FLAG
・DearDreamはトップバッター!出てきた瞬間、かっこよすぎて死んだ。
 でも、けっこうカッチリしているように見える長袖の衣装で、ズボンもジャストサイズだし、すごく暑そうだな…と思った。
・ちょこちょこメンバーとアイコンタクトとっては、にこって笑ってた。
 すごくよいアイコンタクトがたくさん見れて、なんだろうな、グループ力があがったなあって思った。
・右耳のイヤモニが取れてて、ずっとぐるんぐるんしちゃってて、ソロでうまく音取れてないところもあったし、ちょっと心配だった。
 わざとなのか、単純に入れ忘れてしまっただけなのか、わからないけど。
・2番でなんかよくわからないけど、感極まってしまって泣きそうになってしまったんですが、がんばった!!!(何の話)
・話題になっていた壮馬くんの投げキッスは、あのですね~~~溝口くんに夢中で見ていませんでした!!!(くそ)
 溝口くんが腰落としてセンター方面を指差してたときがそのときだったのかな…(苦笑)
・間奏の「D,E,A,R…」の掛け声、練習しなきゃ!って思ってたのに、結局練習できてなくて今回もできなかった…。「DREAM」が言えないんですよね…誰か言うコツがあったら教えてほしいなあ…。
・生バンドでのプレフラっていうのがすごく新鮮だったなあ。すごいよかった。生バンド…憧れです…。

MC
・ひとりひとり、自己紹介。
 壮馬くんの挨拶始まりくらいで、水を飲んでいた溝口くん、あわてて飲み込んでいた(笑)
 溝口くんの挨拶は至って普通だったんですけど、太田プロが飛ばしてましたね…「メロメロにしちゃいます!」はしびれた…。
・富田くんの「みんな日焼け止め塗ったか~~~!!!俺らも塗ったぞ~~~!!!」にめっちゃ笑った(笑)
 ワンマンじゃないのでそのテンションで行くんだ!!!ってすごい高まった(笑)
・壮馬くんも壮馬くんで、壮馬節を強烈に炸裂させててすごかった。
 「皆さんの熱気すごいですね!ここ、サーモグラフィーで見たら、絶対真っ赤ですよ!!!」って…サーモグラフィー(笑)
 ほんと好きしかない(爆)
・どのタイミングか忘れたけど、タオルを配りながら、溝口くんが冷静に「そういうグループだと思われるから!」って突っ込んでいたのにも笑ったw
 タオル配ってるときは汗ふくため?とか思ってたけどw、片側を結んでいるのを見て、あ!回す用ね!って気づいた(おい)
 富田くん、首にかけてたときは結び目が取れていたようだったけど、そのあと結んでたのかな。
・「はいはいはいはい!俺やりたいことあります!」って元気よく富田くん。
 会場の反応が「えぇーっ!?」みたいな感じだったので、「えぇーじゃないですよぉお!!泣」ってなってるのがほんとかわいかった。
 誰かが、「言ってないから!」って突っ込んでたけど(笑)
・で、やりたかったこととは、いけるっしょコール!!!
 富田くんが「僕が皆さんいけますか~~~!?って言ったら、皆さん、いけるっしょ~~~!!って言ってください!」って説明したあと。
 「いきますよ!皆さん、いけますか~~~!?」\いけるっしょーーーーー!/
 どちゃくそ楽しかった!!!!!!
 あと、けっこういけるっしょコールは壮馬くんがコールするイメージだったから富田くん(リーダー)がコールしたってのも嬉しかった~~~!!!
 
真夏色ダイアリー
・Aメロで郁くんに肩組みに行って、ニコニコしてたのに、途中でどーーーん!って突き飛ばすっていうかわいい振りがあった。
 かわいすぎて連番した友達とギャーーーーー!!!って絶叫してた(笑)
・タオル回し、てっきりサビでフル回転かと思っていたら、そうじゃなくて、なかなかトリッキーだった(笑)
 タオル回しはポルノグラフィティさんのライブで10年選手のわたしですけど、サビの回し方がよくわかんなくて、1番はめっちゃグダグダになってしまった…(苦笑)
 ちなみに、フル回転はBメロでした。
・今までディアドリはティーチユーをやった上でみんなの振りを合わせることが多かったけど、なんだろうな、ティーチユーなしでもみんなで何かができる!って素敵だなって思った。ちょっとトリッキーなタオル回しだけどね!笑
 こういう、よく知らなくてもみんなができる定番の何か、みたいなの増やしていってほしいなあって思った。
 個人的には、タオル回しをしたいという願望がかなったので、次はクラップやってくれないかなあと勝手に思っている…!笑
・溝口くんしか見れてないんだけど、なんというか、タオル回し慣れてないな~~~って感じの回し方をしていた。
 なんかうまく回し切れていないというか…なんか…ぎこちないのがかわいいなって思ってニコニコしちゃった^^
 普段すごいスピードで回しているボーカルと、タオル回しのエースしかいない客席しか見てないからかな(笑)
・とにかくねえ、振りがかわいかった。両手のグーをじぐざぐに降ろしていくところとか、クラップのところとか!!
 クラップもかわいいんだけど、太ももをパパン!ってやるときの足な!!!!!!!すごく好き!!!!!!(足が好きです)
・タオル回し終わったあと溝口くんがポーンと上にタオルを投げていたのを見たり、最後に「うぉい!うぉい!」って言いながら拳突き上げるっていうのをやったりしていたら、なんだかポルノさんのライブみがあって面白かった。
 個人的にはこういうライブ感を求めてたから、どちゃくそ楽しかったです!!!!
 (ポルノファンの間では、ハネウマを参考映像として観たのでは、と話題になっているので、手紙で投げかけてみようかなと思っております…笑)
・最後、壮馬くんが階段から飛んで締めたのもすごいよかった!!!これこれ、これだよね!!!!ライブ楽しいね!!!!

・距離はあったけど、席的に立ち位置前だったことも多かったから、溝口くんの目に映る景色の中の盛り上がってる人の一部にはなれたっしょ!!!!っていうのが正直嬉しかった(笑)
 野外って思いっきりブチあがれるから楽しいです…楽しい…ディアドリもいつか…野外ライブ…ワンマン…あこがれる…。

トークコーナー
・楽屋トークみたいな感じで、ホストの方々が待つブースにゲストがお邪魔してお話する感じ。
 セット転換?の繋ぎらしい。
・溝口くん、なんていうんだ、首の下のところのTシャツの色が変わってしまうくらい汗かいてた。
 持参したタオルで汗おさえてたし、汗噴き出してるんじゃないかってくらい汗かいてた…暑かったね…。
・そーまくんがゲスト用の黄色いマイク、溝口くんが普通のコードマイク持ってたけど、他の子はマイクなし。
 途中でホストの方が「君らも何か言いなよ!」ってマイクを渡してくださって、優し~~~><ってなった。ありがとうございます…!
・そういえば、なんか並び方がごちゃついていた気がしたけど、気のせいかな(笑)
 あと、立ち位置につくときに、溝口くんがマイクのコード捌ききれなくてわたわたしてたのかわいかった^^
・年に一度のおれサマー、サイコー超えてるぜ~~~!みたいなこと言ったら、初めてだけどね!って突っ込まれたり(笑)、とにかく富田くんが絶好調だった。
 富田くん気になった方いっぱいいるんじゃないかな(笑)
 発言が黄色っぽい、とも言われてた。
・「いけるっしょ!っていうやつ、いつもやってるの?」と森久保さんに聞かれて、森久保さんの「いけるっしょ!」ありがとうございます。
・小野さんには「小野DのDはDearDreamのD!」と言っていただいたりもしていた。なんだろうな…ほんとに温かった…。
・「もう言い残したことない?大丈夫?」みたいな流れだったかな、なんかソワソワと周りの様子伺ってるな~って思ってたら。
 溝口くんが「最後にひとつだけいいですか!告知があります!」って切り込んだ!!!リスウフのときもそうだったけど、告知切り込み隊任されている溝口くん。
 だけど、告知は「どうぞ!」って手を差し出しつつサッと引っ込んで、壮馬くんに告知を振っていた。こういう立ち位置も好きだな…。
・告知は、9/27にドリフェス!Rの主題歌として、DearDreamの「ユメノコドウ」がリリースされますよ!っていうことでした。
 真夏色ダイアリーもカップリングとして収録されるということもお知らせしてくれました。
・ハケる順番が最後だったんだけど、カメラに向かってキメ顔というかキメポーズというか、まあそんなことをされて去っていきました。
 ほんと抜かりないなあ………こういうのも手馴れたよね…(しみじみ)

エンディング
・「眠る者たちへ(タイトル間違えてたらすみません)」の途中で、ゲストのトップバッターとして呼びこまれたDearDream。
 溝口くん、階段降りてくるときにちょっとコケていたような気がしないでもない。
・なんかすごいいい顔してたもんだから、いきなり泣きそうになってしまった…。
 泣きそうなのを必死に堪えていたから、ディアドリのときだけレスポンスの声がめちゃくちゃ小さくなってしまった…(苦笑)
・自分たちのターンが終わったら最初はひとり下手の花道の途中でポツン…としてたんだけど、壮馬くんが下手の小島から戻ってくるときに肩組んでくれてそのまま郁くんと三人で中央戻ったり、上手行ったりしてた。
・とっしーさんが階段から転げ落ちたときに、ええっ!?ってなってたり、とっしーさんコーラス隊のように歌ってたときも笑ってて、めっちゃかわいかった。
・上手の小島に上がったとき、サングラスをかけていた…気がする。
 でも、暗くてよく見えなくて…サングラスをポケットに忍ばせていたことは確かなんだけど、ふと見たら壮馬くんがサングラスをかけてて溝口くんはかけてなかったから、気のせいかもしれない(苦笑)
・ホストの方々を追い抜くときとかに、必ず自分が後ろを通っていたのを見て、溝口くんのこういうところが好きだなあって思った。
 言葉ではうまく説明できないんだけど。
・寺島さんとすれ違うときに、話しかけていて、帽子のことを話していたっぽい?
 立ち去るときに、寺島さんと…なんていうんだろ…とにかくわちゃっとしててほんとかわいかったんです!!!!!
 友達が寺島さんのファンだったから、一緒に大変なことになっていた(沸騰)
・胸ポケットに入れていたサングラス、お辞儀をする度に落としていて、郁くんが拾ってくれたりしていた(笑)
・最後10回飛ぶときに首にかけてたタオルおさえてがに股で跳んでてめっちゃ可愛かった!!!
・ハケるときの礼が王子礼ですごいよかった。好き。

ANIMAXとは本当に別人だった。あのとき思い悩んでしまった自分は一体何だったんだろう…と思うくらいの、半年くらいでの急成長ぶり。
きっとたくさんの人にディアドリの魅力が伝わって、目に耳に心にディアドリのステージが焼き付いたはず!!!
これをきっかけにまたたくさんの人にDearDreamが愛されるようになったらいいなと思います!!!
暑い中、おつかれさまでした!!!!
スポンサーサイト

続きを読む

1stフルアルバム「Real Dream」発売記念イベント『DearDreamがゆく 全国行脚の旅』@大阪 3月5日。
こんばんは。
昨日は溝口くんに送りつける(←)手紙の下書きを書いて、さくら学院の2017年度転入式に行ったら1日が終わってしまってブログ書けないままでした。
こんな最後の最後で躓くとは………(苦笑)
とりあえず、今日はちゃんと書いて、明日の下書きもちゃんとしなきゃなと思って、さらりと早く帰宅してしまったダメな社会人です(笑)
ちなみに、手紙は下書きから本番に行けてないままで、プレゼントも今日注文(迷いすぎてなかなか「これで注文する」ボタンを押せなかったw)というグダグダな感じですが、お祝いする気持ちは人一倍あるよ!大丈夫だよ!(誰)
毎年なんとか当日までには事務所に送ってたんですが、今年はちょっと過ぎてしまいそうですね…タイミング合うといいんだけどなあ。

さてさて、今日は何を書こうかな!という感じなのですが。
一昨日、もう過去を振り返るのはやめた!と言ったばかりで恐縮ですが(笑)
今年の3/5にあった、DearDreamの全国行脚の旅@大阪のトークショーのレポだけ書いてないのが気になったので、今日はそれを書いてしまいます!!ね!!
これさえ書いたら、今までの現場について何かしらの記録はしていることになるはずなので!すっきりして明日を迎えたいんです!(笑)

というわけで、本編は追記に。
いろんなレポが時系列に並ばないのちょっと気持ち悪いんですけど、もう仕方ないですねっ!(笑)

続きを読む

ドリフェス!presemts DearDream 1st LIVE RealDream@Zepp DiverCity TOKYO 5月4日。
昨日、DearDreamの初めてのワンマンライブ、「Real Dream」行ってきました。
発表されたときは5月のゴールデンウィークなんてまだまだ先だなあ、なんて思っていたのに、あっという間に時が過ぎてしまい、終わってしまいました。
終演直後は感情が本当にぐちゃぐちゃで、頭が何も働かなくて、帰宅しても深夜までただただぼんやりとライブを思い出しては泣いてる…みたいな感じだったんですが(苦笑)
今朝、起きてからセトリ順に並べた曲を聴きながら、昨日の記憶を呼び起こしてぽつぽつとメモに書いてみたので、それを新鮮なうちに書いておきたいなあと思って、今日はそれをブログに書きに来ました。
昨日も書きましたが、わたしはDearDreamに対して思い入れが強すぎるので、とても客観的にはレポできないと思います。
でも、ほんっと、すごいいいライブだなあ…って思ったので、少しでも雰囲気が伝わればいいなあと思って、文章にします。
とても長くなってしまいそうなので、表にはセトリだけあげて、本編は追記に。
※丸1日かけてもうまくまとまらなかったので、あとからちょこちょこ追記するかもしれません…(苦笑)

OP映像(ドリカタイム)
1.NEW STAR EVOLUTION
2.PLEASURE FLAG
3.Dream Greeting!
MC①
4.グローリーストーリー
5.STARTING TOGETHER
6.2032
7.君はミ・アモーレ(KUROFUNE)
8.FACE 2 FAITH(KUROFUNE)
MC②
9.FEEL YOUR SKIN
10.WONDERLAND HEART
11.White Pavement
MC③
12.あなたの瞳に踊らせて
13.Butterfly Girl
14.ユレルMIDNIGHT
15.ARRIVAL-KUROFUNE Sail Away-(KUROFUNE)
16.シナリオ(KUROFUNE)
17.リバーシブル→バレンタイン
18.MAY BE,LADY!
19.SAKURA LETTER
VTR~DearDreamの軌跡~
20.Real Dream!
MC④
21.Special YELL!
22.BIRDCAGE~欲望の鳥籠~
23.Up to speed!
24.インフィニティ・スカイ
MC⑤
25.シンアイなる夢へ!
アンコール
EN1.ありがとうの数だけ笑顔の花を咲かせたい
挨拶
EN2.Paradeが生まれる

圧倒的に語彙と表現力が足りないので、「すごい」「かっこいい」「かわいい」みたいなことしか言ってないと思いますが、それでも大丈夫であれば追記へどうぞ(苦笑)

続きを読む

LisOeuf♪Party 2016 -winter-@TDCホール 12月6日。
今日は、朝起きたら知念さんの映画「坂道のアポロン」の主演の情報解禁、夕方には溝口くんの「僕だけがいない街」への出演の情報解禁、と個人的にとてもうれしい日でした!!!^^
ねっとふりっくすとやらがよくわかってないんですけど、溝口くんのは「ドラマ」ということでいいんですよね?
載せてくれてた写真には、左手の薬指に指輪が…!!!!いや~~~めっちゃドキドキしました(笑)
もうそういう役を演じさせてもらえる年齢なんだなあと思って、なんだかびっくりしました。わたしの中で溝口くんの年齢は19歳くらいから止まってる感覚なので…(爆)
今までの役だと、犬はさておき(笑)、大学生くらいまでだった気がするので、それ以上の年齢を演じる(と思ってるけど違うのかな、原作知らないんです…)と思われる溝口くんが観れるのすっごいドキドキします!
ドラマの放送?配信?は12月とのことですが、今からとーーーーーっても楽しみです!!!それまでにねっとふりっくすとやらを勉強しなければ…あと原作も…。
ところで、これは映画でやっていたものと同じなんですかね?違うのかな?よくわかってないんですけど、それもこれから調べます…(苦笑)何も調べずに書きすぎですねw
去年はドリフェス!一本、とまではいかないけど、ほぼほぼドリフェス!一色な感じだったので、今年はドリフェス!以外のお仕事もすでに何件か観れる予定があって嬉しいです。
今年は今までよりももっといろんなところで溝口くんのがんばる姿を観たいですし、見せてくれるんじゃないかな!?と期待でわくわくしています。
何のランキングかよくわかってないけど、今注目のU25若手俳優ランキング、みたいなやつで、恐れ多くも小関くんの次の24位とかでランクインさせていただいてましたし!!がんばろう!!溝口くん!!(勝手に燃えていますw)

で、はい、今日はいよいよ12月に入った2016年のラストスパート( )の振り返りです!!
このあたり怒涛の現場続きでバタバタしていて、感想をまとめられてなかったので、レポ的なやつを書きながら進めたいと思います~。
ということで、リスウフのお話を。胃が痛くなっていたANIMAXから一転、とても純粋に「楽しかった!!!!!!」って思って終わったイベントでした。
終始、「溝口くんかっこいい!!!」というわたしにしては珍しい方向(当時)でぶち上がってたので、メモに「かっこいい」「(かっこよすぎて)つらい」くらいしかほんと書いてなくて(苦笑)
そんな感じですが、メモを起こしつつ、記憶を呼び戻して書きます!
読みづらくなりそうなので、本編は追記に。

続きを読む

ANIMAX MUSIX 2016 YOKOHAMA@横浜アリーナ 11月23日。
さっき、Twitterで慎様のメガネが明日から予約開始になるっていう情報を得て、商品ページを見に行ったら、着用写真に駆り出されている溝口くんがあまりにもかわいすぎて、声を出して笑ってしまいました…!笑
ポージングが慎様寄りだから、なんだか余計にかわいくて…。いや~~~いいですね!慎様メガネ!溝口くん、なんか絶妙にメタルフレーム似合わないような気がしないでもないですけど(爆)
(自分のTwitterにあげてる写真はいいんだけど、着用写真の方になんだか違和感が…ポーズのせいなのかなw)
これから溝口くんが慎様を演じるときにかけるメガネも全部これになるんですかね?楽しみです!^^
(ファンミ02のときはセルフレームのメガネだったもんね!)

と、全然関係ない話をぶっこんでしまいましたが、今日はANIMAX MUSIXの話をしたいと思います!
途中で何書いてるのかよくわからなくなっちゃってたりしますが、どうぞ!(?)

・DearDreamにとって初めての外部イベントへの出演、初めての横アリのステージでした。
・ディアドリが出演するのが決まったのは、本当に最後の方で。発表されたとき、正直意味がわからなかったです。
 大きなイベントに出させてもらえるんだ!って嬉しかったけど、戸惑いの方が大きかった気がします。
 なんでこのそうそうたるメンツのアニソンイベントに出演させていただけるんだろうか…たしかに主題歌は歌ってるけど、それだけだし…アニメ自体がすごく有名というわけでもないし…そもそもパフォーマンス的に他のアーティストと並んで出てしまって大丈夫なんだろうか…等々。
 ディアドリのこと信じてないわけじゃないけど、わたしは最初を知ってるから今がどれだけ成長したかがわかるけど、それが一般的に通用するレベルかと言われたらどうだろうと思うところがあることも自覚はしてたから、なんというかですね…。
 Twitterをちょっと覗いてみると、ディアドリの出演に批判的な人の声もチラホラ。とっても胃が痛かったです…(苦笑)
・とはいえ!わたしがディアドリを応援しに行かなくてどうする!!!と思い、発表直後のチケット先行でステージサイド席を確保して行きました!
 あとから冷静に考えれば、けっこうチケット出回ってたので、ふつうの席を譲ってもらってもよかったかなとも思いました(笑)
 「行かなきゃ!!!!!」っていう気持ちが強すぎて、冷静な判断ができてなかったですねwwwま、いつも冷静な判断できないけどねwww(おい)

・当日、わたしはへいせいじゃんぷさんのおかげで横アリは熟知( )しているので、ゆるゆるーっと近くの喫茶店で暇つぶし。
 窓から会場に向かう人の波を眺めてたんですけど、男の人がとても多くてびっくりしました。いつも見慣れている光景は「女子しかいない!!!」っていう光景だったもので…。
 ますますディアドリ大丈夫なのかという気持ちが大きくなって、胃がキリキリ…(苦笑)
・ちなみに、わたしはこの日、通算67回目でしたwww1日に2公演の日もカウントしてるので、日数にしたらおよそ半分くらいになると思いますが。
 それでも、こんだけ横アリに通ってきたおたく人生だったんだなあ…と思って…自分でもちょっと引きました(苦笑)

・そんなことはさておき。会場に入ると、DearDream宛にいくつかスタンド花が贈られていました。
 単独イベントでも4台くらいしかなかったのに、こんな大きなイベントに贈ってくれる人がこんなにいるんだなあ…とスタンド花の前でさっそく涙ぐむわたし(苦笑)
 まだイベント始まってませんけどwww
・あ、そういえば、ファンミ01のときにわたしもスタンド花を贈っていました~。
 そのときは溝口くん宛ではなくて、個人のファンのつき方も違うだろうし、ディアドリ単独での最初のイベントだし、いろいろ考えて5人宛にしたんですが。
 5色ってけっこう値が張るんですよね~(爆)
 ひとりで贈ったので(友達がいなくてw)財力が足りず(それでもけっこうしましたけどね…うん…)なんだか貧相になってしまったのがちょっと苦い思い出(苦笑)
・妖怪手紙ばばあのわたしはこの日も手紙を持参したのはよいものの、預ける場所がよくわからず、もしかして今日は預かってもらえないのか?と露頭に迷っていたのですが。
 スタッフのおじさんに勇気を出して聞いてみたら、入り口のすぐ横のところで預かっていただけました。
 そのおじさんがとても優しい方で、手紙を預けたいと伝えると「ありがとうございます!!(満面の笑み)こちらですよ~!」とその場所まで連れていってくださって、預け終わったあとも「今日は楽しんでくださいね!(満面の笑み)」と送り出してくださいました。
・そこから、へいせいじゃんぷさんのおかげで横アリは座席表を見なくても席がわかるくらいの経験値(?)があるのでw、迷わず一直線に着席(爆)
 座席は果てしなく上の方(スタンド後列)だったので、度々登場するとんでもなくよく見える双眼鏡(笑)がお供でした。
・会場を見渡すと、(会場に向かう人の波から察してはいたけど)明らかに男性の方が多い客層。
 そんな光景を見て、「これ絶対、ディアドリちゃんアウェイじゃん…アウェイにもほどがあるよ…」とまた胃がキリキリと痛くなるターン(苦笑)
 前半と後半の間にあった休憩中も、先行販売?のドリフェス!のポテト的なやつ(めちゃくちゃ冷めててびっくりするほどおいしくなかったwww)食べながら、緊張しすぎてめっちゃ胃が痛くなって死にそうになってましたよ…わたし出演者じゃないですけど…(苦笑)

・6時間超えのイベントだったため、前半後半に分かれていたのですが。
 ディアドリの出番は、前半はオープニングとコラボステージ、後半は自分たちの時間とエンディングでした。
・ディアドリの出番以外も普通に楽しんでいたんですが、噂のUOの使い方とかペンラ芸の極みみたいなのも観れて客席観察も楽しかったです!笑
・ということで?、メモを頼りに当日の感想、始めます。(もう始まってる…?)

◆オープニング
・何順なのかよくわからなかったけど、「DearDream!!!」と一番最初に紹介されていました。
 が、わたしの席は前述のとおり、ステージサイドだったもので、スピーカーが邪魔で最初見えなかった(苦笑)
・呼ばれた順に端に移動してずらーーーーっとオールラインナップ(ディアドリは下手端)。
 アニソンに疎いわたしでも知っている方がチラホラいて、改めてすごいメンツだなあと感じました。
 なんでほんとこんなところに呼ばれてしまったのか…。
・いろんな人が出てくる間、まあ言ったら手持無沙汰なディアドリ。どうしたらいいかいまいちわかんないんだろうなって感じでフワフワしててかわいかったです。
 溝口くんはちょいちょい富田くんに話しかけていました。
・そういえば、このころ、髪が最高にもっしゃもしゃでなんで切らないの…溝口くん…ってずっと思ってましたね(笑)
 メモに「やきそばみたい」ってひどいこと書いてる…ごめん…(苦笑)
 
◆スポーツアニメSELECTION!
・あらゆるステージが遠かったので、モニターを観ながらわーいわーいってやってたら、いきなり太田プロのドアップ。
 「え!?!?!?」と思って、すぐさま立ち上がって、双眼鏡を覗いたらディアドリが横花道にいました(おい)。
・ということで、最初の出番はコラボステージでした!ディアドリは、STYLE FIVEの「SPLASH FREE」を披露^^
 このときは全然知らなくてピンときてなかったんですけど、友達からそのあと布教を受けまして…アニメ見たら案の定(?)好きでしたよね(爆)
・溝口くん、自信ないのかわざとなのか、あなたいつもはそんなゆるく踊る子じゃないでしょ~!?って思ってしまうくらい、ダンスがゆるくてなんだかなあと思ってたんですが。
 友達から溝口くんの担当カラーである青のキャラの子が、けっこうゆる~い感じなんですよ!だからそれに合わせたんじゃないか!と教えてもらって、「それならいいんだけど…」と一旦納得。
 …してたんですが。
 全国行脚のときにそうまくんに聞いたら「とくに意識してない!」って返されちゃって、あれ~~~!?ってなったんだけど、それはそうまくんがとくに意識してなかっただけ、ということなんだろうか…。
 結局溝口くん本人には聞けずじまいなので、真相は闇の中…なんですけど、なんであんなゆるゆるだったんでしょうかね…振りがそんなキメキメでもないからかな…わからん。
・あと、振り間違いとか歌い間違いとかもあって(苦笑)
 準備期間足りなかったのかもしれないけど、なんだかな~~~せっかくのコラボステージ出させてもらってるのにな~~~一度きりしか観れないのにな~~~って遠いところから観てたから妙に冷静に考えてましたね(苦笑)
・このステージが最初の出番だったから、会場はやや「誰だ…これ…」状態なんだけど(涙)、そんなアウェイな環境でも、盛り上げよう!!!とみんながんばってたのが伝わってきたのはとってもよかった!!!
 富田くん、すごいにこにこ嬉しそうに笑ってて、すごいかわいかったですね。
・ただ、ダンスはさておき、お歌がどーーーーーーーーもおへたで(苦笑)いや、仕方ないんですけど、歌いなれてない歌ですし…。
 イヤモニも初めてだったみたいだし、その影響もあったと思うんですけど、もーーーーーほんっとがんばれ!!!がんばってくれ!!!って感じでした。
 席が遠いと自分も相当冷静になってるので、メモが辛辣ですね(苦笑)すみません。
・このときは知らなかったけど、このとき着せてもらったメンバーカラーのスカジャンは、Free!のアニメのエンディングで実際にキャラが着てるのをイメージしてつくってもらっていたみたいです。
 ありがたや~~~~~!!!
 下にだるだるの丈の長いTシャツをお召しになっていたので、溝口くんの足の細さが際立って好きでした(感想が雑)。

・前半の出番はこれで終わり。続いて後半。
・当たり前だけど、アーティストの皆さんのクオリティーの高さと会場の爆発的な盛り上がり方に圧倒されてしまって、ずっと不安な気持ちを抱えて出番を待っていました。

◆DearDream
・後半始まってもなかなか出てこなくて、いったい…ディアドリは…いつ…と思っていたら、後半のいい時間帯で出てきました!!!
・セトリはこの3曲!!!

1.NEW STAR EVOLUTION
2.PLEASURE FLAG
3.シンアイなる夢へ!

・始まる前、3曲くらい歌ってくれたら嬉しいけど…でもそんな多くは望まないです…って思ったいたので、本当に3曲やってくれた!!!ってとっても嬉しかったです。
・初めての大型イベント出演、初めてのアリーナクラスの大きなステージで、自分たちの今できる限りのパフォーマンスをするんだ!!この時間を楽しむんだ!!っていう気持ちがひしひしと伝わってきました。
 ニューエボでメインステージの上段に登場したディアドリのキラキラ感…。すごいなあ、こんなステージに立たせてもらえちゃうんだってなんだか感動しちゃいました。
・プレフラとシンアイの間にMCしてたんですが、すごい一生懸命しゃべってるのはわかるんだけど、やや空回ってる感じがあるっていう、新人あるあるでかわいかったです^^
 溝口くんも一生懸命しゃべってましたね。
 「ドリフェス!知らない人もいると思います!ひとことで言うと、アツイ…!!!男性の方も多いと思うんですが、ぜひ1話から見てください!!」ってアニメの宣伝もしていました。
 そのときの反応見て、リアドリは知らなくても、アニメ観てくれてる人はけっこういるんだなあ…って思って、アニメの影響力の大きさを実感しました。
・メモに「アウェイでもMC中にずっとファンサし続ける太田プロやばい」って書いてあるwwwそうだっけwwwすごいな太田プロ!!!
・シンアイか、プレフラか忘れちゃったけど、ラストの方で溝口くんお得意の舌ペロやってたの見たときの、「きたーーーー!!!これこれ!!!」感ってなんなんだろう(爆)
・シンアイでは左右の花道も使わせていただいて。ただ、どこを見ても男の人ばかり…な環境ってたぶん初めてだったから、どうしたらいいんだろう感は漂ってましたけど…。
 わたしは双眼鏡で見やすい位置に溝口くんが来てくれて万々歳だったんですけど(爆)
・そういえば、コラボステージではなかなかヒヤヒヤものの歌でしたが、やっぱり自分たちの曲は歌いなれてきたから、まだ大丈夫でしたね!よかった!><
・こんなに早くこんなに大きなステージに立つ姿が観られるとは思ってなかったから、なんだかびっくりしてるうちに終わってしまった感じでした!
 オール双眼鏡ですごく冷静に観てたから、終わったあといろいろ考えちゃったけどね(苦笑)

◆エンディング
・出演者全員で、「ウィーアー!」を歌いました。
・ディアドリの出番が終わったと、ちょっといろいろ考えこんでしまって気分が落ち込んでいたんですけど(追記に書きます)。
 5人で1本のマイクでわちゃわちゃ楽しそうに「ウィーアー!」を歌うディアドリ観てたら、勝手にいらんことで悩んでる自分がアホらしくなって、もういいや~!ってなりました(笑)
 永久保存版のかわいさでした。なんやかんやディアドリ大好きだな~~~みんなほんとかわいすぎ………って思った(涙)
・本当になんで呼んでくれたんだろう、どう考えても時期尚早でしょう…という感じもあったけど、このタイミングでこんな大きなステージに立つディアドリを観ることができてよかったなあと思いました!
 このステージでいろいろ刺激を受けたみたいだし!ディアドリにとっても、このタイミングでこのステージに立てたことはいい経験になったんじゃないかなあ…と。
 翌月にまたイベント出演控えてたしね…。
・へいせいじゃんぷさんのファンをやっていると感覚が狂ってしまうんですが、横浜アリーナってとっても広い会場なんですよね。そのステージに立つっていうのはすごく大変なことなんですよね。
 今のディアドリにはどう考えても大きすぎる横浜アリーナに立つ姿を観て、いつかワンマンでディアドリがこのステージに戻ってくる、その日まで応援(エール)を送り続けたいなあ、ドリフェス!がもっとみんなに愛されるコンテンツになっていたらいいなあ、と思いました。
 始まる前はずっと胃が痛かったし(苦笑)、終わったあとは考えすぎちゃって苦しかったけど、ドリフェス!関係のイベントの中で参加できてよかったイベントTOP3に入るくらいのイベント、でした。
 
大したこと書けなかったですが、これでANIMAXの話は終わります!
追記はANIMAXのディアドリの出番が終わったあと、もやもやと考えてたことをちょっとだけ。読んでもいいかなあって方だけどうぞ。

続きを読む

プロフィール

manacoo

Author:manacoo
ポルノグラフィティと溝口琢矢くんを応援している社会人。
東京都在住。
Hey!Say!JUMPも大好きで、そちらは「JULI」というブログで書いています。
このブログは主に日々のつぶやきとポルノさん・溝口くんレポがメインです。

カウンター
携帯版
QR
検索フォーム
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ