2015/01
≪12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   02≫
さくら色オカンの嫁入り プレビュー公演@志木市民会館パルシティ 1月21日。
感想をざくざく羅列。溝口くん。

・とにかくビジュアルが最強にかわいい。
 くるくるふわふわの茶髪に、前髪を赤いリボンでくくってるとか超反則。
 犬なので、首輪もあります(笑)序盤で自分で首輪にリードを着けようと必死に頑張ってるシーンがめちゃめちゃかわいかった。
 帰り道で定期を落としても仕方のない、文句のつけようがないかわいさ(笑)
・ハチは、月ちゃん(ハチはねーちゃんと呼ぶ)を中心にみんなにものすごーく愛されてかわいがられている飼い犬。
・じゃれついたり、じゃれつかれたり、よしよしされたり、抱き締められたり。
 犬だからこそ当たり前の扱いだけど、人間で考えたらかなりのスキンシップ。
 わたしは慣れたらかわいいの大騒ぎ?で終わったけど、もしリア恋枠の子とかいたら耐えられるのかなと無駄に心配してしまった(笑)
・という理由から、最初は知念くんにも是非やってほしい!と思ったけど、彼は失うものもでかそうなので、推薦しないでおく。
 でも、この役はまるとは思う。めちゃめちゃかわいい、絶対。
・犬なので、基本は四足歩行。時々ふつうに走る(笑)
 とはいえ、ふつうにふつう、ではなくて、ももあげのように走る(笑)
 舞台に膝が当たる音が聞こえる度、ちょっと心配になった。痛くないようになってるといいんだけど。
・ハチの定位置はステージ下手の骨クッション。
 顔がセンター向きなので、下手から観ると顔が全然見えないのが辛かった。
 意外と死角が多い。
・家族とのシーンは基本的にワン!しかしゃべらない。これに一番驚いた。てっきりふつうにしゃべるもんかと。
 声色で表情つけなきゃいけないから大変そう。
 でも、声色と表情でうまく演技できてたと思う。完全に犬だった。
・あと、犬としては普通だけど、人間としては不自然というか慣れないだろうなと思う仕草もあって、そこも大変そう。
・お手、おかわり、ヘディングシュートのシーンはめちゃめちゃかわいかった。
 決めポーズの真顔が忘れられない(笑)
・語りは、見上げればで鍛えられただけあって、お手のもの。大阪弁も違和感なし。
 相変わらずよく通る声でいらっしゃいました。瞳の輝きも健在。
・ハチのシリアスなシーン、本当に苦しそうな呻き声出すし、階段転げるし、こわかった。
・食べ物に釣られまくるハチはめちゃめちゃかわいくて、手出して怒られてるのもかわいい。
 愛くるしいハチちゃんです(笑)
・クシャミがめちゃめちゃかわいくてなんだそれってなりました。
・とにかく顔が表情がいちいちかわいい、それに尽きる。
 犬意識で口角常に上がりぎみだから、かえるみたいな口になっててめちゃめちゃかわいくて、しぬ。
・それにしても、かなり斜め上を見上げるシーン多いから、首は相当疲れそうだね。
・カテコは一番上手。
 センターがなんやかんやいいに決まってるけど、どちらかによるとした、断然上手。
 カテコはさておき、定位置のときに顔が見えないのは死に値するから(苦笑)
・カテコではサク婆お話ししていることもありました。孫か。
 カテコ二回目、お辞儀するの遅れちゃってワタワタしてたの溝口くんだなあと思いました(笑)
・とにかくハチ=溝口くんがとてつもなくかわいいから、みんなに観てほしい。以上。

溝口くんは、明日から旅公演ですが、体調には本当に気をつけて頑張ってほしいです。
東北の寒さをなめたらいかんよ!(苦笑)

追記は当日のTwitter。
スポンサーサイト

続きを読む

プロフィール

manacoo

Author:manacoo
ポルノグラフィティと溝口琢矢くんを応援している社会人。
東京都在住。
Hey!Say!JUMPも大好きで、そちらは「JULI」というブログで書いています。
このブログは主に日々のつぶやきとポルノさん・溝口くんレポがメインです。

カウンター
携帯版
QR
検索フォーム
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ