2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
伝えたいことはすべて手紙で伝えてきた人生でした。
こんにちは。
ふり返りのターンを続行するのであれば、ファンミ02の話なのですが。
明日のDearDream初めてのワンマンライブに向けて、かなり浮足立ってる感じなので、ふり返りのターンはお休みしようと思います。
最近泣いてばかりいるので(情緒不安定w)、よくないなと思って…(苦笑)

で、じゃあ今日は何を書こうかなあと思って考えていたら、この、溝口くん強化月間を始めよう!と思ったときに自分の中で考えていたお題のひとつに、「手紙」の話があったなあと思い出したので、その話をちょっとだけしようかなあと思います。
とくに結論を考えた上で文章を構築しようとか思ってないので、絶対めちゃくちゃな論理になりますけど、気にしないでください!何卒!笑
そして、「ちょっとだけ」というのは、今回のライブではディアドリみんなに手紙を書きたい!と思っていたのに、5/3 18:50現在、書き終わったのが溝口くんだけという状況でして(苦笑)
「何事も計画的に!」という言葉が身に染みますね…(苦笑)
ということで、19:30くらいまでに書けた分だけ今日記事にして、中途半端になっちゃったら、また書き足そうかなと思っています(爆)

手紙の話をするにあたって、とりあえず今までわたしが溝口くんに書いた手紙の数を数えてみようかなあと思って。
ざっと数えてみたんですが、覚えている範囲では68通でした。
ふーん、だから…?って感じですよね(笑)わたしももうすぐ応援し始めて丸4年くらいという期間で、これが多いのか少ないのかはちょっとよくわかりません(苦笑)
ほぼ舞台やイベントを観に行く度に書いているので、単純に溝口くん目当てで行った舞台やイベントetc.がおおよそこのくらいあって、それに加えて毎年の誕生日と年賀状(笑)があるくらい、というだけの話です。

ふり返りのターンでも書きましたが、わたしが溝口くんに初めて手紙を書いたのは、2013年のハンサムライブです。
それからは舞台やイベントに行く度に、1日2公演あったら公演間に喫茶店に引きこもってでまで(苦笑)、ほぼ欠かさず手紙を書いている気がします。
自分でもなんでこんなに手紙を書いているのだろう…と思うことはたまにあるんですけどw
前も書いたことある気がしますが、溝口くんに関してはこわいくらい書くことがなくならないんですよね!不思議と。
さくら学院の推しに対しても同じペース(?)で手紙を書きますが、現場の間が空いちゃうと書きたいことを忘れちゃってて、たまーに「今日はちょっと無理やり書いちゃったな…」みたいなことがあるんですけど(苦笑)
溝口くんに関しては一度もないですね。なんでなんだろう(知らん)

最近、ある方から「どうやったらファンレター書けるんですか?」と聞かれたのですが、そのときはうまく答えられなくて。
今も考えてはいるんですが、「どうやったら」というのはやっぱり難しいですね。
巷には、「若手俳優への手紙の書き方」みたいなことを書かれているブログもあるようで、友人に教えてもらってちょっと読んだこともありますが、わたしはそこまで戦略的(?)に手紙を書こうと思ったことがないなという感想でした。
(詳細な内容は忘れてしまったけど、そのブログは手紙で認知されるためには…みたいな感じの内容だったんですよね。手紙で認知という概念がなかったから、なるほどなあとは思ったけど、とくに取り入れてはいませんw)
そう、結局、わたしの場合の「手紙」というのは、ただただ書きたいことを書いているだけで。
この気持ちを!なんとかして伝えたい!みたいなことを考えたとき、わたしにとって最善(?)の手段は「手紙」だな!と思ったから、っていうだけなんですよね。
手紙を受け取る側にとっては、わたしが思ったこと感じたことetc.はどうでもいいと思うかもしれないなと思いつつ、この気持ちを伝えたい!と思ったとき、たとえばブログにいろいろ書いていたって、タレントがそれを読んでくれる可能性は限りなく低い(まず普通に読まれたくないけれど…)。
だから、わたしは伝える手段として手紙を書こう!と思って、ここまで伝えたいことが途切れないので、書き続けている、ただそれだけだなあと思っています。
さっきから「伝えたい」ってうるさいですけど、そう言いつつも、本当に伝わっているかっていうところはとくに最初はあまり気にしてなかったような気がします。
(誕生日プレゼントを受け取った報告もしなかった年はちょっとイラっと(笑)したこともあったけど、まあそれは事務所にちゃんと届いたかも不安だったということもありw)
それに、つい最近まで自分の手紙を「読んでくれている」という実感も持ったことがなかったですね。それを表明される機会もあまりなかったですしね…。
あれっ、こういう言い方すると溝口くんが悪いみたいな感じになっちゃいます…?苦笑
いや、でもそれでも別にいいと思ってたんですよ!………フォローがわざとらしいだろうか(爆)
ちなみに、完全に余談ですが。手紙が「届く」ということを最初にちゃんと実感を持って教えてくれたのは、ポルノグラフィティの新藤晴一さんでした(また登場!)。
FC会報の晴一さんに何気ない手紙を書くとお返事が返ってくるかもしれない?という企画で、たまたまわたしの手紙が採用に至り、晴一さんの直筆のお返事をいただきました。
溝口くんに対する「伝えたい!」とはちょっと違うかもしれないけど、この気持ちを誰かに伝えたい、と思ったときに、晴ちゃんのこの企画が頭を過ぎって書いていたので、届いたのは嬉しかったです。
話が逸れてしまいましたが、今は本人が「届きました!」ってちゃんと言うようになったので、こちらの言葉を一度はちゃんと受け取ってくれてるんだなあってわかるようになりました。
だからこそ、勝手にプレッシャーを感じてしまって、念入りな下書きをしてから書くようになったので、めちゃくちゃ時間かかるようになりましたが、まあそれはいいですね、こっち側の問題です(笑)

やっぱりとくに結論とか出ないままタイムリミットが過ぎようとしているのですが(苦笑)
なんでしょうね、わたしは「手紙」というか「文にすること」でしか、自分の気持ちとか考えていることを表現できないんですよね。
それじゃあダメだってことは、仕事上でもいつも注意されますし(上司からメールのプロって言われてます(苦笑))、最近は溝口くんのファンをやってても思うのですが(接触イベントに滅法弱い…)。
だから、手紙だったら自分の気持ちをなんとか伝えられる!と思って、ずっとこの方法から逃れられない…というとなんか変ですけど、手紙をずっと書いてるんだろうなあと思います。
同じ「文」でも、ブログのコメントとかTwitterのリプライとかはちょっと苦手で(苦笑)
手紙をすぐには手元に届けてもらえない期間や即レスを求められるときには頑張ってみるときもあるんですが、なんかうまくいかないんですよね。
打っては消し、打っては消し、打っては消し…を繰り返して、ようやくっていうことがザラです(苦笑)即レスになってないwww
溝口くんが前に「お気軽にリプライください」みたいなことを言ってたことがあるんですが、わたしはその「お気軽」ができないんだろうなと思います。
別に気持ちが重いとか軽いとかの話をしたいわけじゃないんですけど、わたしは溝口くんに「お気軽」に伝えたい気持ちってそんなにないというか…なんだろう?伝えるなら「ちゃんと」伝えたいというか…。
そもそも「お気軽」に何かを発信していい相手と思ってないし…みたいな。…うわ~~~こうやって文字すると、ただただめんどくさいヤツですねwわたしw厄介w
そんな感じなので、コメントもリプも苦手で、個人の自由だとは思いつつも友達感覚でリプしてる人を見ると目を疑う…みたいな(批判したいわけではなく…です!はい!)。
何が言いたいのかよくわかんなくなってきちゃったんですけど、とにかくわたしには「手紙」しかなかったし、今もそれしかない、というだけです!笑

なんかややふんわりした感じになってしまいましたが、ひとまずこれで終わります。
帰宅してから3時間半くらいかけて溝口くんへの手紙を書いていたので、右腕が死亡状態で(腱鞘炎になるかと思いましたw)明日ペンライトを吹っ飛ばさないかとても心配なのですが、なんとかがんばりたいと思います!!
(ちなみに、過去最大枚数になりました!笑 ざっと数えたら3000字を軽く超える勢いで、溝口くんほんとごめん!ってなりましたw)
そして、今から他のメンバーへの手紙をどうにかして書かなければ…書けるのであろうか…無理そうだったらおとなしくライブの感想とともに事務所に郵送しようと思います…。
いや~~~それにしても、明日が楽しみすぎます!!!楽しみです!という気持ちは明日のライブが始まる前までにはブログに書けたらいいなあと思っています(目標が低いw)。
では、明日ディアドリのライブに行かれる方は一緒に楽しみましょう~~~!!!
スポンサーサイト
プロフィール

manacoo

Author:manacoo
ポルノグラフィティと溝口琢矢くんを応援している社会人。
東京都在住。
Hey!Say!JUMPも大好きで、そちらは「JULI」というブログで書いています。
このブログは主に日々のつぶやきとポルノさん・溝口くんレポがメインです。

カウンター
携帯版
QR
検索フォーム
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ