2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
みんなに溝口くんを好きになってもらいたくて。
勝手に始めた溝口くん強化月間、4日目です。
本当に1日1作品・イベントで書いたら、わたしが楽しいだけの振り返ろうのターンで終わってしまうのでは!?ということに気づいたので、ちょっとずつスピードアップ?していきたいと思います!
が、年を跨いで書くのもなんだか気持ち悪いので、今日は「SUPERハンサムLIVE2014」の話だけして帰ります(笑)

「SUPERハンサムLIVE2014」は溝口くんにとって2回目のハンサム。
昨日書いた「見上げればあの日と同じ空」で溝口くんのことをめちゃくちゃ好きになってしまったのもあり、堂々と?「年内最終日に休みたいです!」と宣言をして(笑)、全公演行っちゃいました(爆)

溝口くんは2回目の出演ですが2013年はアンフィだったので、パシフィコ横浜のステージに立つ溝口くんを観るのは初めてでした。
アンフィも観やすくてすごいいい会場だったんだけど、数年パシフィコでやってるのを観てて、ハンサムといえば年末のパシフィコ!的なイメージもあったので、実際にパシフィコのステージに立つ溝口くんを観れて、感無量でした。
そして、自分も2012年ぶりのパシフィコ横浜。
いろいろ忘れていて、座席が10列始まりとかすっかり!まるっと忘れていたもので、初日に友人と「今日は10列目だね~~~」って言いながら席を探したら、最前列に辿り着いてしまって、二人で大慌てしたのも懐かしいです(笑)

そんなことはさておき、ハンサムライブとしては一旦の集大成みたいなところがあって、すごい楽しかったんですけど、まだまだ全然自分を出しきれていない感じが漂う溝口くんを目にして、一体溝口くんはハンサムメンバーの中で何を武器に戦えば?いいんだ…と勝手に思い悩んでしまったハンサムでもありました(苦笑)
悩むの早すぎだけど、当時、わたしは溝口くんのこと「売れない若手俳優」って評価してきた友人(FROGSとか一緒に行った子ではない)の言葉が突き刺さりまくってて、失礼極まりないけどわたしも溝口くんがアミューズの中でも「売れてる」とは思ってなかったというのもあり(そもそも何をもって「売れてる」というのか問題はあるし、それぞれ活躍するフィールドは違っていいはずなんだけど…不快に思われた方がいたらすみません)。
とにかく本当に真剣に溝口くんが活躍する姿をたくさん見られる世界に憧れて、この若手俳優集めたら25人くらいいました!みたいな大人数の中で、パッと目についてこの子いいな!って見つけてもらうには、何をどうしたらいいんだって、溝口くんにとっては死ぬほど余計なお世話なこと考えてましたね~~~(苦笑)めちゃくちゃ迷惑ですよね、ほんとね。
あ、さすがに手紙には書いてないですよ、大丈夫です(?)。
真剣に向き合い出すと、こういうターンが必ず訪れてしまうのは、ほんとわたしのよくないところです…HSJの知念さんについても、彼が高校を卒業したあと何をいかして仕事をとってくればいいのかってめちゃくちゃ真剣に考えていました…(遠い目)
でも、こういう謎な悩みって、おたくあるあるじゃありません?(笑)わたしだけかな…(苦笑)

そういうターンだったこともあって、いろいろ余計なこと考えながら観てたので、新人ふたりにもめちゃくちゃ怯えていました(笑)
広大くんと銀ちゃんはゴリゴリのダンスうまい組だったし、とくにテニミュに出演してバリバリな広大くんは自分のこと一瞬でも観てくれた人は全員ファンにしてしまおう!くらいの気迫を感じて、み、溝口くん…だ、大丈夫かな…そ、存在感が…(焦)←ってなっていた記憶があります。実際、ダンスはめちゃくちゃ負けてる感あったけど…まあしかたなかったよね、それは。
溝口くんには溝口くんの良さ、アピールのしかたがあると思うし、何も焦ることはないんだけど、グイグイ来る感じに圧倒されてしまったし、2013年では武器になってた「若さ」もある意味通用しないし、どうしたものか…って観ていましたね…。
だから何というわけでもないんだけど、2014年の溝口くんは、まだまだ「自分をみて!」っていう「押し」が弱いんじゃないかなあっていうのは感じていて。
応援する側がこんな弱気でどうするんだって感じだけど、FROGSで溝口くんと同じタイミングで知った広大くんだから、なんかいろんな面で自分の中ではちょうどいい比較対象みたいな感じで、どうしても気になっちゃったんですよね…。
そう思いながらも、まあそんなこと言っても!楽しむしかないよね!とひたすら楽しんで、翌年、発売されたDVDを観たアミュおたではない友人(さっきの友人w)から「溝口くん、これじゃ売れないよ!押しが弱い!」ってはっきり言われちゃって、かなり凹みました…核心をつかれたのがめちゃくちゃ痛かった、やっぱりそう思いますよねっていう(苦笑)
観ていた方の中で感じていた方もいらっしゃると思うんですが、このときの溝口くんってステージ上での自分の見せ方はまだまだ…な感じで、がんばってはいるんだけど、なんだかしっくりはまらないなあって感じでした。
初々しかったというか、パフォーマンスもお話もちょっと頼りなさげでした。まだ10代だったからかもしれないけど、ふわふわほにゃほにゃしてた。
いまや、全然そんな心配をする隙もなくなっちゃって、全くもう本当に頼もしくなっちゃって、嬉しい限りです!!
2016年のハンサムの話もいずれするはずだから、詳しくはそのときに取っておきたいんですけど、2016年の溝口くんは本当に別人です!!
最近はかなり隙がないから、たまーに2014年以前みたいなほにゃほにゃ溝口くんが垣間見える瞬間があると、ニヤニヤしちゃいます(笑)

なんか思っていたより、なんだかヘビーな内容になっちゃったんですが、2013年に比べてダンスはちょっと上手になってたし、水田くん直伝のウインクばちーん☆とキメててかわいかったし、キミノリズムの衣装がNYCのよくよくの知念さんにそっくりでおもしろかったし(おい)、ようかい体操のときのピンクパーカー似合いすぎ問題が発生して頭パニックになったし、BANG!の「BANG!」がキマっててかわいかったし(なんでもかわいい変換)、「So Free!」で盛大に振り間違えてたのもしぬほどかわいかったし!etc.とたくさん楽しい思い出もありますよ!!!(笑)
このとき、けっこう勝手に、本当に身勝手に(笑)、思い悩んでいたので、今、たくさんの人に知ってもらえる機会に恵まれていることがとっても嬉しいです!
応援していて戸惑うことも増えたけど、それでも、たくさんの人に溝口くんの魅力が伝わっているのを感じられるのは本当に嬉しいなあと思います…(しみじみ)
これからもっともっとたくさんの人に溝口くんの魅力が伝わっていけばいいなあと思います!

ということで、今日はこのへんで終わりにしたいと思います。
ここに書いてあることは、あくまでも個人の感想だったり考えだったりするので、違うでしょ!!って思われる方もいらっしゃると思いますが、生暖かく見守ってくださるとありがたいです(苦笑)
そして、内容に不快感を感じられた方がいらっしゃったら、すみません。
明日は、例の話か最近もトチ狂っていたハチちゃんの話をします!たぶん(笑)
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

manacoo

Author:manacoo
ポルノグラフィティと溝口琢矢くんを応援している社会人。
東京都在住。
Hey!Say!JUMPも大好きで、そちらは「JULI」というブログで書いています。
このブログは主に日々のつぶやきとポルノさん・溝口くんレポがメインです。

カウンター
携帯版
QR
検索フォーム
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ