2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
ANIMAX MUSIX 2016 YOKOHAMA@横浜アリーナ 11月23日。
さっき、Twitterで慎様のメガネが明日から予約開始になるっていう情報を得て、商品ページを見に行ったら、着用写真に駆り出されている溝口くんがあまりにもかわいすぎて、声を出して笑ってしまいました…!笑
ポージングが慎様寄りだから、なんだか余計にかわいくて…。いや~~~いいですね!慎様メガネ!溝口くん、なんか絶妙にメタルフレーム似合わないような気がしないでもないですけど(爆)
(自分のTwitterにあげてる写真はいいんだけど、着用写真の方になんだか違和感が…ポーズのせいなのかなw)
これから溝口くんが慎様を演じるときにかけるメガネも全部これになるんですかね?楽しみです!^^
(ファンミ02のときはセルフレームのメガネだったもんね!)

と、全然関係ない話をぶっこんでしまいましたが、今日はANIMAX MUSIXの話をしたいと思います!
途中で何書いてるのかよくわからなくなっちゃってたりしますが、どうぞ!(?)

・DearDreamにとって初めての外部イベントへの出演、初めての横アリのステージでした。
・ディアドリが出演するのが決まったのは、本当に最後の方で。発表されたとき、正直意味がわからなかったです。
 大きなイベントに出させてもらえるんだ!って嬉しかったけど、戸惑いの方が大きかった気がします。
 なんでこのそうそうたるメンツのアニソンイベントに出演させていただけるんだろうか…たしかに主題歌は歌ってるけど、それだけだし…アニメ自体がすごく有名というわけでもないし…そもそもパフォーマンス的に他のアーティストと並んで出てしまって大丈夫なんだろうか…等々。
 ディアドリのこと信じてないわけじゃないけど、わたしは最初を知ってるから今がどれだけ成長したかがわかるけど、それが一般的に通用するレベルかと言われたらどうだろうと思うところがあることも自覚はしてたから、なんというかですね…。
 Twitterをちょっと覗いてみると、ディアドリの出演に批判的な人の声もチラホラ。とっても胃が痛かったです…(苦笑)
・とはいえ!わたしがディアドリを応援しに行かなくてどうする!!!と思い、発表直後のチケット先行でステージサイド席を確保して行きました!
 あとから冷静に考えれば、けっこうチケット出回ってたので、ふつうの席を譲ってもらってもよかったかなとも思いました(笑)
 「行かなきゃ!!!!!」っていう気持ちが強すぎて、冷静な判断ができてなかったですねwwwま、いつも冷静な判断できないけどねwww(おい)

・当日、わたしはへいせいじゃんぷさんのおかげで横アリは熟知( )しているので、ゆるゆるーっと近くの喫茶店で暇つぶし。
 窓から会場に向かう人の波を眺めてたんですけど、男の人がとても多くてびっくりしました。いつも見慣れている光景は「女子しかいない!!!」っていう光景だったもので…。
 ますますディアドリ大丈夫なのかという気持ちが大きくなって、胃がキリキリ…(苦笑)
・ちなみに、わたしはこの日、通算67回目でしたwww1日に2公演の日もカウントしてるので、日数にしたらおよそ半分くらいになると思いますが。
 それでも、こんだけ横アリに通ってきたおたく人生だったんだなあ…と思って…自分でもちょっと引きました(苦笑)

・そんなことはさておき。会場に入ると、DearDream宛にいくつかスタンド花が贈られていました。
 単独イベントでも4台くらいしかなかったのに、こんな大きなイベントに贈ってくれる人がこんなにいるんだなあ…とスタンド花の前でさっそく涙ぐむわたし(苦笑)
 まだイベント始まってませんけどwww
・あ、そういえば、ファンミ01のときにわたしもスタンド花を贈っていました~。
 そのときは溝口くん宛ではなくて、個人のファンのつき方も違うだろうし、ディアドリ単独での最初のイベントだし、いろいろ考えて5人宛にしたんですが。
 5色ってけっこう値が張るんですよね~(爆)
 ひとりで贈ったので(友達がいなくてw)財力が足りず(それでもけっこうしましたけどね…うん…)なんだか貧相になってしまったのがちょっと苦い思い出(苦笑)
・妖怪手紙ばばあのわたしはこの日も手紙を持参したのはよいものの、預ける場所がよくわからず、もしかして今日は預かってもらえないのか?と露頭に迷っていたのですが。
 スタッフのおじさんに勇気を出して聞いてみたら、入り口のすぐ横のところで預かっていただけました。
 そのおじさんがとても優しい方で、手紙を預けたいと伝えると「ありがとうございます!!(満面の笑み)こちらですよ~!」とその場所まで連れていってくださって、預け終わったあとも「今日は楽しんでくださいね!(満面の笑み)」と送り出してくださいました。
・そこから、へいせいじゃんぷさんのおかげで横アリは座席表を見なくても席がわかるくらいの経験値(?)があるのでw、迷わず一直線に着席(爆)
 座席は果てしなく上の方(スタンド後列)だったので、度々登場するとんでもなくよく見える双眼鏡(笑)がお供でした。
・会場を見渡すと、(会場に向かう人の波から察してはいたけど)明らかに男性の方が多い客層。
 そんな光景を見て、「これ絶対、ディアドリちゃんアウェイじゃん…アウェイにもほどがあるよ…」とまた胃がキリキリと痛くなるターン(苦笑)
 前半と後半の間にあった休憩中も、先行販売?のドリフェス!のポテト的なやつ(めちゃくちゃ冷めててびっくりするほどおいしくなかったwww)食べながら、緊張しすぎてめっちゃ胃が痛くなって死にそうになってましたよ…わたし出演者じゃないですけど…(苦笑)

・6時間超えのイベントだったため、前半後半に分かれていたのですが。
 ディアドリの出番は、前半はオープニングとコラボステージ、後半は自分たちの時間とエンディングでした。
・ディアドリの出番以外も普通に楽しんでいたんですが、噂のUOの使い方とかペンラ芸の極みみたいなのも観れて客席観察も楽しかったです!笑
・ということで?、メモを頼りに当日の感想、始めます。(もう始まってる…?)

◆オープニング
・何順なのかよくわからなかったけど、「DearDream!!!」と一番最初に紹介されていました。
 が、わたしの席は前述のとおり、ステージサイドだったもので、スピーカーが邪魔で最初見えなかった(苦笑)
・呼ばれた順に端に移動してずらーーーーっとオールラインナップ(ディアドリは下手端)。
 アニソンに疎いわたしでも知っている方がチラホラいて、改めてすごいメンツだなあと感じました。
 なんでほんとこんなところに呼ばれてしまったのか…。
・いろんな人が出てくる間、まあ言ったら手持無沙汰なディアドリ。どうしたらいいかいまいちわかんないんだろうなって感じでフワフワしててかわいかったです。
 溝口くんはちょいちょい富田くんに話しかけていました。
・そういえば、このころ、髪が最高にもっしゃもしゃでなんで切らないの…溝口くん…ってずっと思ってましたね(笑)
 メモに「やきそばみたい」ってひどいこと書いてる…ごめん…(苦笑)
 
◆スポーツアニメSELECTION!
・あらゆるステージが遠かったので、モニターを観ながらわーいわーいってやってたら、いきなり太田プロのドアップ。
 「え!?!?!?」と思って、すぐさま立ち上がって、双眼鏡を覗いたらディアドリが横花道にいました(おい)。
・ということで、最初の出番はコラボステージでした!ディアドリは、STYLE FIVEの「SPLASH FREE」を披露^^
 このときは全然知らなくてピンときてなかったんですけど、友達からそのあと布教を受けまして…アニメ見たら案の定(?)好きでしたよね(爆)
・溝口くん、自信ないのかわざとなのか、あなたいつもはそんなゆるく踊る子じゃないでしょ~!?って思ってしまうくらい、ダンスがゆるくてなんだかなあと思ってたんですが。
 友達から溝口くんの担当カラーである青のキャラの子が、けっこうゆる~い感じなんですよ!だからそれに合わせたんじゃないか!と教えてもらって、「それならいいんだけど…」と一旦納得。
 …してたんですが。
 全国行脚のときにそうまくんに聞いたら「とくに意識してない!」って返されちゃって、あれ~~~!?ってなったんだけど、それはそうまくんがとくに意識してなかっただけ、ということなんだろうか…。
 結局溝口くん本人には聞けずじまいなので、真相は闇の中…なんですけど、なんであんなゆるゆるだったんでしょうかね…振りがそんなキメキメでもないからかな…わからん。
・あと、振り間違いとか歌い間違いとかもあって(苦笑)
 準備期間足りなかったのかもしれないけど、なんだかな~~~せっかくのコラボステージ出させてもらってるのにな~~~一度きりしか観れないのにな~~~って遠いところから観てたから妙に冷静に考えてましたね(苦笑)
・このステージが最初の出番だったから、会場はやや「誰だ…これ…」状態なんだけど(涙)、そんなアウェイな環境でも、盛り上げよう!!!とみんながんばってたのが伝わってきたのはとってもよかった!!!
 富田くん、すごいにこにこ嬉しそうに笑ってて、すごいかわいかったですね。
・ただ、ダンスはさておき、お歌がどーーーーーーーーもおへたで(苦笑)いや、仕方ないんですけど、歌いなれてない歌ですし…。
 イヤモニも初めてだったみたいだし、その影響もあったと思うんですけど、もーーーーーほんっとがんばれ!!!がんばってくれ!!!って感じでした。
 席が遠いと自分も相当冷静になってるので、メモが辛辣ですね(苦笑)すみません。
・このときは知らなかったけど、このとき着せてもらったメンバーカラーのスカジャンは、Free!のアニメのエンディングで実際にキャラが着てるのをイメージしてつくってもらっていたみたいです。
 ありがたや~~~~~!!!
 下にだるだるの丈の長いTシャツをお召しになっていたので、溝口くんの足の細さが際立って好きでした(感想が雑)。

・前半の出番はこれで終わり。続いて後半。
・当たり前だけど、アーティストの皆さんのクオリティーの高さと会場の爆発的な盛り上がり方に圧倒されてしまって、ずっと不安な気持ちを抱えて出番を待っていました。

◆DearDream
・後半始まってもなかなか出てこなくて、いったい…ディアドリは…いつ…と思っていたら、後半のいい時間帯で出てきました!!!
・セトリはこの3曲!!!

1.NEW STAR EVOLUTION
2.PLEASURE FLAG
3.シンアイなる夢へ!

・始まる前、3曲くらい歌ってくれたら嬉しいけど…でもそんな多くは望まないです…って思ったいたので、本当に3曲やってくれた!!!ってとっても嬉しかったです。
・初めての大型イベント出演、初めてのアリーナクラスの大きなステージで、自分たちの今できる限りのパフォーマンスをするんだ!!この時間を楽しむんだ!!っていう気持ちがひしひしと伝わってきました。
 ニューエボでメインステージの上段に登場したディアドリのキラキラ感…。すごいなあ、こんなステージに立たせてもらえちゃうんだってなんだか感動しちゃいました。
・プレフラとシンアイの間にMCしてたんですが、すごい一生懸命しゃべってるのはわかるんだけど、やや空回ってる感じがあるっていう、新人あるあるでかわいかったです^^
 溝口くんも一生懸命しゃべってましたね。
 「ドリフェス!知らない人もいると思います!ひとことで言うと、アツイ…!!!男性の方も多いと思うんですが、ぜひ1話から見てください!!」ってアニメの宣伝もしていました。
 そのときの反応見て、リアドリは知らなくても、アニメ観てくれてる人はけっこういるんだなあ…って思って、アニメの影響力の大きさを実感しました。
・メモに「アウェイでもMC中にずっとファンサし続ける太田プロやばい」って書いてあるwwwそうだっけwwwすごいな太田プロ!!!
・シンアイか、プレフラか忘れちゃったけど、ラストの方で溝口くんお得意の舌ペロやってたの見たときの、「きたーーーー!!!これこれ!!!」感ってなんなんだろう(爆)
・シンアイでは左右の花道も使わせていただいて。ただ、どこを見ても男の人ばかり…な環境ってたぶん初めてだったから、どうしたらいいんだろう感は漂ってましたけど…。
 わたしは双眼鏡で見やすい位置に溝口くんが来てくれて万々歳だったんですけど(爆)
・そういえば、コラボステージではなかなかヒヤヒヤものの歌でしたが、やっぱり自分たちの曲は歌いなれてきたから、まだ大丈夫でしたね!よかった!><
・こんなに早くこんなに大きなステージに立つ姿が観られるとは思ってなかったから、なんだかびっくりしてるうちに終わってしまった感じでした!
 オール双眼鏡ですごく冷静に観てたから、終わったあといろいろ考えちゃったけどね(苦笑)

◆エンディング
・出演者全員で、「ウィーアー!」を歌いました。
・ディアドリの出番が終わったと、ちょっといろいろ考えこんでしまって気分が落ち込んでいたんですけど(追記に書きます)。
 5人で1本のマイクでわちゃわちゃ楽しそうに「ウィーアー!」を歌うディアドリ観てたら、勝手にいらんことで悩んでる自分がアホらしくなって、もういいや~!ってなりました(笑)
 永久保存版のかわいさでした。なんやかんやディアドリ大好きだな~~~みんなほんとかわいすぎ………って思った(涙)
・本当になんで呼んでくれたんだろう、どう考えても時期尚早でしょう…という感じもあったけど、このタイミングでこんな大きなステージに立つディアドリを観ることができてよかったなあと思いました!
 このステージでいろいろ刺激を受けたみたいだし!ディアドリにとっても、このタイミングでこのステージに立てたことはいい経験になったんじゃないかなあ…と。
 翌月にまたイベント出演控えてたしね…。
・へいせいじゃんぷさんのファンをやっていると感覚が狂ってしまうんですが、横浜アリーナってとっても広い会場なんですよね。そのステージに立つっていうのはすごく大変なことなんですよね。
 今のディアドリにはどう考えても大きすぎる横浜アリーナに立つ姿を観て、いつかワンマンでディアドリがこのステージに戻ってくる、その日まで応援(エール)を送り続けたいなあ、ドリフェス!がもっとみんなに愛されるコンテンツになっていたらいいなあ、と思いました。
 始まる前はずっと胃が痛かったし(苦笑)、終わったあとは考えすぎちゃって苦しかったけど、ドリフェス!関係のイベントの中で参加できてよかったイベントTOP3に入るくらいのイベント、でした。
 
大したこと書けなかったですが、これでANIMAXの話は終わります!
追記はANIMAXのディアドリの出番が終わったあと、もやもやと考えてたことをちょっとだけ。読んでもいいかなあって方だけどうぞ。
うまくまとまるかわからないし、誤解なく伝わるか自信ないけど、とりあえず。

・DearDreamとして本当に3曲歌わせてもらえるなんて思ってなかったから、ニューエボとプレフラのあとにMCがなくてびっくりしたし、そのあとMCを挟んでシンアイ歌い始めたときは感激してしまったんだけど。
 それまでのアーティストの方々と比べてしまうと、どうしても出来としてはお粗末…と言われてもしかたのないレベルで(厳しい表現、すみません)。
 頑張ってるけど、全然まだまだすぎるな~って感じで、ほんとなんで呼ばれちゃったんだろうなあって思ってました(苦笑)
・ディアドリの出番が終わったあと、なんか本気でへこんじゃって、しばらくぼんやり考えこんじゃってましたね~。
 ファンミ01、リリイベと観てきて成長した!!!と思ってたけど、それは狭い世界で観てきたらそう思うのであって、着実に成長してるのは事実なんだけど、(まあ当たり前だけど)実際広い世界に放たれたらこんなもんなんだな…って思ってしまって。
 でも、今の精いっぱいがこのクオリティっていうのもわかってるし、ほかのアーティストさんたちと比べること自体がナンセンスなのもわかってるんですけどね。
 いろんな方がいらっしゃる環境で観たのが初めてだったし、今まで物理的な距離が近いところでしか観たことがなかったから冷静にディアドリのパフォーマンスを観れたこともなかったし、ボッコボコに打ちのめされてしまいました(苦笑)ファンが弱気になってどうするって話なんですけど(苦笑)
・終わってからずっと、「DearDreamっていったい何?これからどうなっていくつもりなの?」って考えていて。それを考え出したらキリがないんだけど。
 このイベントでは、ほかのアーティストさんたちはそれぞれの個人名義(もしくはグループ名義)だったけど、ディアドリは「from.ドリフェス!」なわけで。コンテンツに対してのユニットなわけで。
 そこの違いがあるのは明らかだから、たぶんこんな深刻に考えなくていいんだろうなとは思ったんだけど、アーティストとしてイベントに呼んでいただくのにあたってはこのクオリティのままでいいわけはなくて。
 恥ずかしくて出せないとかいうレベルではなかったですよ、もちろん。ただ、やっぱり歌もダンスも粗が目立つし、「アーティスト」と呼ぶには圧倒的に技量が足りないのは明らかで。
 これから先、自分らのファンしかいない環境ではないイベントetc.に出たときに、ディアドリのことをパフォーマンスで好きになってくれる人っているんだろうか、って考え始めたら、すごいぐるぐるしてしまって(苦笑)
・クオリティも知名度も他と比べたら圧倒的に低かったと思うし、何もかもこれからだ!がんばれ!まじで頑張ってくれ!っていう状態だっていうのは頭ではわかっていたんですが。
 「DearDream」としてどうやって応援したらいいか、一瞬迷子になってしまって、呆然としてしまったんですよね。
・今思えば、デビュー1年未満でダンスも歌も経験が豊富でもない子たちにいったい自分は何を求めてたのかって感じで、冷静になってよく考えてよ!って思って笑っちゃうんですけど(苦笑)
 そんないきなり、ほかの10年選手のアーティストさんたちと張り合えるわけがないじゃないですか!!!そんなの当たり前じゃん…!!!!!
・でも、今でもちょっとは思いますね。アーティストとして、どのくらいガチで向き合っていいのか、どのくらいまでならクオリティ求めてもいいのか、とか。
 ディアドリってさっきも言った通り、基本的には「from.ドリフェス!」なユニットじゃないですか。そういうユニットを応援するのはわたしは初めてなので、どうしたらいいのか一瞬立ち止まってしまうことが、たまーにありますね。
 そんなこと考えずに、ディアドリの物語性に浸って楽しめばいいんでしょうけど、わたしは何でもガチで考えてしまいがちなタイプなので、たまーに自爆して苦しんでます(苦笑)
・というわけで、ANIMAX自体は楽しかったし、今のディアドリで横アリに立つ姿を観られたことはよかったんですけど、メンタル的にはいろんな意味でなかなかしんどい面もありましたよ、っていう話でした。
 だから、そうまくんがファンミ02で「言葉があまりよくないかもしれないけど、ぶっちゃけみなさんもアウェイだったと思うんですけど」って話してくれたとき、なんて言ったらいんだろう…表現がおかしいかもしれないけどなんか救われた気がしました。
 ANIMAXも最初から出演が決まってたら、また観れる光景も違ってたのかもしれないけどね。

と、なんだかうだうだとまとまりのない上にとくに楽しくもないことを書いてしまいました~~~。すみません!
最近は、ダンスはもちろん、歌い方とか声とかずいぶん変わってきたなあ…って思うことも多くて、その変化を追うのが楽しいです!^^
いろいろ考えすぎると自分がつらいだけなので、今はマイナス方面のことは考えず、5/4のワンマンを楽しみにすることだけで生きています(だけ…?笑)!!!はい、終わります!!!強制終了(笑)
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

manacoo

Author:manacoo
ポルノグラフィティと溝口琢矢くんを応援している社会人。
東京都在住。
Hey!Say!JUMPも大好きで、そちらは「JULI」というブログで書いています。
このブログは主に日々のつぶやきとポルノさん・溝口くんレポがメインです。

カウンター
携帯版
QR
検索フォーム
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ