2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
オーバーリング・ギフト@DDD青山クロスシアター 6月17日。
しょうもない感想だけど、とりあえず記録にと思って。
1公演ずつ記事立てるとけっこうな量になるので、2公演あるときはまとめちゃうことにした。
すごく雑多に書きすぎた(笑)
作品の内容そのものにちゃんと触れられるのはいつになるんだろうか…(苦笑)
昼公演@E列中央

・初めてのドセン。E列だったから死角もあったけど、音楽の聴こえ方、セリフの聴こえ方が今までと全然違って感動した。
 とにかくすべてのバランスがよい。音楽も偏りなく聴こえるし、歌がちゃんと抜けて聴こえるし…!!!
 何でも一度しか観れないときにはやっぱりドセンで見たいと思った。何回も観れるときも列関係なくドセンで一度見ておくべき。
・オープニング。
 冒頭のソロパート、加藤さんの次ということもあって、最初はなかなか素直に聴けなくて…っていうのがあったんだけど、初日に比べて入りに迷いがなくなってきたなあって思った!
・「~この才能を」で腕を横にスッて流すところの顔が好き。何て言えばいいのかわからないけど、悩ましい顔?してて……好きなんですよ………!
 立って踊るパートあるからDVDに残るといいな………!
・「オーバーリング・ギフト」の幕?が、一部うまく止まってなくて、びろーんってなってしまっていた。
 毎度ギリギリまでうまく貼れなかったところを同級生ふたりで直してるんだけど、それぞれが動きながら踊りながら歌いながらの作業だからうまくいかないこともありますよね~~~生だなあって思った。
 毎回、溝口くんが人の合間を縫って立ち位置にシュバババ!って素早く向かうの大変そうだなって思ってた。
・トトイがアスターに気づいて、名もなきロストからトトイになるためフードをはずすシーン。初日も次もフードを一発でははずさず、2回触ってたからわざと一発で外さないのかと思っていたら、一発ではずしてた(笑)あ、単純に一発ではずせてなかっただけなんですね(笑)
・アスターも一緒に暮らすってなったシーン。ビシッと挙手して「意義あり!1人あたりの食料が減ってしまうわ!」と言い放つルージュに、ビシッと挙手して「その分働いてもらえばいいだろ?」と対抗するトトイだけど、ルージュに「人手は足りてるわっ!」って詰め寄られて、向かい合いながら怯え顔になるトトイ………。
 トトイはほんと………かわいいな………ルージュのプンスコにすこぶる弱い………(笑)
・じゃなくて!!
 ルージュに詰め寄られて、肩に力入れてるんだけど、ミロコが「ルージュ…お前のときもそうだ、お互いに助け合って生きていく、そうだろ…?」とルージュを宥める言葉をかけて、ルージュがちょっと納得いかない顔をしつつも「はいはいはい………」って言いながら、自分から離れていくのを見届けながら、ふ~~~って息をつきながら胸をなでおろす……
 っていうのがすごくいいなあと思ったんです!!お芝居の焦点はここはすでにミロコとルージュに移ってると思うんだけど……!
・あ、ちょっと余談(笑)
 トトイとルージュが始まってる人間としては、ここの、向かい合ってルージュはムッとした顔でトトイの胸のあたり見つめてて、トトイはミロコのこと見たり、ミロコの言葉を聞いてるルージュのことを伺い見たり…ってちょっとオドオドしてる感じなのも可愛かったんですけど!!!
 アスターに「あんたも何か言いたいことがあるなら、言いなさいよ!…………はい、出た、無視~~~」って言ったルージュの腕をつかんで、「しょうがないだろう!?きっとずっと孤独だったんだ…!」って言うところもめっちゃ好きなんですよ………
 腕つかんでグイグイ引っ張るトトイ………「痛っ………!なに!?」って言うルージュも好き………はあ………(謎のため息)
・アスターに「俺はロストじゃない!!!」と突き放されて、すごく哀しい顔をするんですよね、トトイ。
 手に持っていた麻袋を持つ力がゆるんでしまうくらい、ショックを受けている。
・あ、そういえば、LIFE WORKの箱ダンス(仮)で、二日連続でグラグラさせていた缶はこの公演からちゃんと置けるようになった気がする。
・「ぃよーーーーーっし!!!それじゃあアスターの歓迎会スタートだあっ!」の「ぃよーーーーーっし!!!」がめっちゃくちゃ声がでかいトトイ。
 アスターが戻ってきてくれたこと、ミロコとルージュがアスターを受け入れてくれたことが嬉しくて仕方ないんだろうなあっていう感情が爆発しているなあって思った。
・元々トトイは純粋で素直で優しい心の持ち主だと思うんだけど、アスターを守るために自分の身を投げるまでのところには、カゲツが自分の気持ちを吐露しているのを聴いた影響もあるのかな、とちょっと思った。
 カゲツの「父親を、家族を救うためなら、自分はどうなってもいい」という強い意思に触れて、トトイも何か思ったのかなって。
・カゲツの歌の見せ場、本当にプレッシャーの中で大変だろうなあ…とこの公演くらいまではヒヤヒヤして観ていた気がする。
 初日は冒頭の「僕にできることは」がことごとく音が当たらなくて、あらら…って感じだったので、そこから比べたらすごくよくなってきてはいたけど。
 ほかの出演者はそこまで歌に不安定さがないから、自分だけ…って思っちゃうところもあるのかなあって思ったり…。
 20日昼公演で挨拶をしていたときに「実力不足」という言葉を発していて、わたしにはそれが何を指すかは想像でしかないんだけど、なんかいろいろ思うところがあるんだろうなあと感じてしまったなあ…。
 ここからの巻き返し(という表現はよくないかもしれないけど)には目を見張ったし、ゆうじろうさんが横に首を振っていたから大丈夫だよ、富田くん。
・それにしてもですよ、加藤さん(ミロコ)の歌の表現力がほんと「えぐい」。えぐいとしか言いようがない。
 毎回、ミロコが歌う愛の歌に散々泣かされていた。
 なんかうまく言えないけど、アスターを許して「家族だ」っていうミロコの愛ってすごいなって思う。
 人を許すことも愛だと思うけど、ほぼアスターのせいといっても過言ではない状況でたったひとりの息子を亡くしてしまった上で、愛でアスターを包み込むって相当大変なことだと思うから。
 このミロコの歌とか、ルージュとさくやが歌う「はじめての恋」とか、ちゃんとトトイに届いているといいなあって思う。
・最後のシーンのトトイの表情がすごくよくて、毎度ここでも泣いてしまった…。まっすぐ前を見据える目がとてもよい。

夜公演@G列上手
・初めて友達と連番で観劇。
 もちろん一人でも楽しめるけど、同じタイミングで笑ったり泣いたりする気配を隣から感じられたのが良かった。
 この作品はいろんな人と共有してこそ、というか誰かと共有したい!という気持ちで溢れていて、見終わったあとに人と話したい!って思ってたから、終わったあとにおしゃべりできたのも嬉しかった!!!
 余計なこともいろいろしゃべったけど(笑)
・アミューズ俳優陣が観劇。Wまさきと水田くんとるいとくん。
 自分が関係者席と同じくらいか後ろの列にいたら気づくんだけど、前にいたら全然気づかなかったなあ(苦笑)
・G列、ちゃんと段差がついていることもあって、ステージからはちょっと離れてる印象もあったけど、すっごい観やすかった!!
 翌日は偶然にも全く同じ席だったし(笑)、何回かこの列で観れる予定だったから、やった~~~!って思った!
・個人的にはようやくちゃんと落ち着いてお芝居等を観られるようになったのがこのあたりから(苦笑)
 まともにごはんを食べたのもこの日の夜から(苦笑)栄養ドリンクと水分で生きていた…。固形物がなぜか受け付けられなくて、しんどかった…(笑)
・オープニング。
 文字で表すとなんか間抜けになっちゃうんだけど(苦笑)、わ~~~って前にこけてから、翻って後ろ手に手をついた反動で立ち上がる、っていう一連の動きが好きだった…。
 緊張感は途切れないんだけど、オープニングだけでけっこういろんな表情が見られるのも良かったな~~~!
 下手で踊り出す前に、おっとっと!みたいな顔してるのも、そのあととギャップがあって良かった。
・同級生の幕上げは何が噛み合わなかったのか、わたしが慌てすぎていてよくわからなかったんだけど(苦笑)、かなりギリギリ、間に合わないんじゃないかってぐらいギリギリにザンッ!って幕があがった。
 溝口くんの、富田くんへの合図もする暇なく、だったから相当ギリギリだった。
 溝口くんが立ち位置に着くタイミング自体が(体感的に)けっこう遅かった感じがしたから、うまくくっついていないところが多かったのかな?
 集中できてないじゃん!と言われたらそれまでなんだけど、めっちゃヒヤヒヤしてしまった…幕上がった瞬間、すごいホッとした…。
・そういえば、冒頭のシーンで転がり回るからなのか、膝にサポーター入れてもらってますよね。
 中途半端なズボンからチラチラ見えていて、最初何だろう?って思ってたんだけど(苦笑)
 アスターもけっこう膝を打ちそうなシーンあるけど、入ってたんだろうか…?
・あと、衣装でいえば、頭につけている…あれは何というのかわからないけど…頭につけているあれ(笑)の左耳が折れてるのは何でだろうって思ってたんだけど、マイクに当たらないように、ですね。気づくの遅いわ(苦笑)
 でも、あの片方折れてることが、耳っぽさをより出していて、トトイのビジュアルに多大なる影響を及ぼしている気がする。かわいい………!
・なんでこんなこと言い始めたかといえば、追っ手を止めるときに全力で行き過ぎて、マイクが当たって衝撃音拾っちゃったからなんですけど…。
 マイクが当たらないように加減するのも違うし、かといってマイクを毎回のように当てるのも違うし…なんか難しいなあと思っていたら、23日からお芝居が変わったんだよね…。
・アスターの独白?シーン。「ロスト街」って言ってから、ぐるっとまわって、戻ったあとにカクンって頭を落とすのがあるんだけど、一人だけタイミングが早いことが多くて…でも揃ってることもあって…結局どっちが正しいのかよくわからなかったな(苦笑)
・LIFE WORK、ミロコの後ろでルージュと踊るシーンは何度観ても好き…トトイの中に溝口くんが見られる感じも好きだったな(笑)
 それがよいのか悪いのかはわからないんだけど(苦笑)
・そういえば、気のせいかなと思ってたし、揚げ足とりみたいで申し訳ないんだけど、この公演観て、昼公演、箱ダンスのとき歌詞間違ってたことを確信した(笑)
 あっ!って素振りちょっと見せたけどなに食わぬ顔してたから気のせいかなと思ったんだけど(笑)
・このあたりは、自分がまだ聴き慣れてなかったのと、声がハネて聴きとりづらかったのとで、LIFE WORKのキッズの仕事がぜ~~~んぜん何言ってるかわかんなかったな(笑)
・最終的に聴きとれたキッズの仕事の歌詞(笑)
 ♪ビンカンにチェック!ビンと缶っ!プラスチック、チェック!どっかにヒントが!?ラベル(?)!プラ!紙!資源ゴミ!ある意味感覚で、アルミ缶、スチール缶の判断!簡単すぎるっ!簡単っ!3、2、1、スクラップ!!!
・そのあとの、ミロコ「♪燃えるような仕事です~」トトイ「♪可燃っ!」ミロコ「♪でも意外とハートはガラス~」トトイ「♪不燃っ!」がわかったときは、めちゃくちゃ嬉しかったなあ!!!
 いつわかったかは忘れました(笑)
・ルージュに目一杯詰め込まれた麻袋をもって、「これでやっとパン一個分…!」の言い方も可愛かったな~~~
 「ぶん」の言い方がたまらなかった………そのあとのため息(はぁ~あ~)もセットでたまらなかった………!!!
・ルージュの秘めた?気持ちに全く気づく素振りを見せることなく、とても純粋に「ルージュ、どうしちゃったんだろう…?」って首を傾げるトトイ。
 ほんともう…そろそろちょっとイラッとしてきました(笑)トトイ!お願いだから気づいて!!!
・てか、ルージュにあんな顔で「わたしに必要なのは……トトイ!!」って言わせておいて…言わせておいてですよ…トトイさん、いい加減にして(誰)
・でも、そんな鈍感極めているトトイがほんっと~~~にかわいいからどうしようもなく………困りました。トトイとルージュに悶え苦しむしかないんですよね(苦笑)
・カゲツの歌が良くなってきたな!って感じた公演!富田くんの成長が、も~~~目覚ましすぎて!!すごかった~~~!!
 出だしの「僕にできることは~」がしっかりハマった最初の公演だった。いや~~~ほんとこの公演からの波の乗り方が尋常じゃなかったな~~~。
・この、富田くんの、何て言えばいいのかわからないんだけど、リアルタイムな印象を受けるお芝居(歌)もすごくいいなと思ったし、溝口くんは持ってない味かなって思った。
 溝口くんは自分でも言ってたけど、頭でしっかり考えてからお芝居するタイプなんだよね。で、それが見上げればのときの課題だって言ってた。
 いい意味でムラがないお芝居ができる(それにトトイという役はムラがなくて良かったと思う)というのが溝口くんのお芝居の魅力でもあるから、否定するつもりは全くないけど、富田くんみたいなお芝居もいいなあって。
 あ、ちなみに誤解のないように言っておくと、富田くんが何も考えてないとは思ってない。ただ、なんというか「そのとき」の感覚がすごく反映されたお芝居だなと思った。
・この公演で初めて冒頭のアスターの「人助けのためにリングを外した自分をきっと誇りに思ってくれる…そう思ってた(実際は何も言わず追い出された)」と、ミロコの「こんな世の中だ、大切なものを守って死んでいった息子を誇りに思う」が対になっていることに気づいた。
 この対の関係に気づくと、アスターの涙の理由も深いものになるし…もう言葉が出なかった…。
 全公演見て、気づけたところもあったと思うけど、まだまだわかってないところもありそうだなあ…生だとどうしても定点(トトイ)鑑賞になってしまうし。
 DVDでじっくり観るのがすごく楽しみです。
・LIFE WORKではらんらんと輝いていた目がアスターの言葉に傷ついたり、カゲツの強い意思に触れて揺れ動いたり…トトイは基本は純粋で明るいいい子だけど、いろんな表情を持っているんですよね。
・ルージュと背中合わせになるところ、背中がくっついた瞬間、びくっとして背筋がピン!とのびてしまうトトイがかわいい。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

manacoo

Author:manacoo
ポルノグラフィティと溝口琢矢くんを応援している社会人。
東京都在住。
Hey!Say!JUMPも大好きで、そちらは「JULI」というブログで書いています。
このブログは主に日々のつぶやきとポルノさん・溝口くんレポがメインです。

カウンター
携帯版
QR
検索フォーム
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ